機材メンテナンスの重要性



このページでは、機材メンテナンスの重要性について解説していきたいと思います。

機材のメンテナンスは地味な作業なのですが、重要な作業でもあるのです。

機材メンテナンスとは?

そもそもメンテナンスというのは「maintenance」という英語で、「維持、持続」といった意味があります。

つまり、機材に適切な処置をすることで、その機材の性能を維持、持続させようというのが機材メンテナンスの狙いです。

この「適切な処理」というのはが「メンテナンス」ということになります。

機材のメンテナンス方法は、機材の種類、タイミングによって様々ですのでこのページでは触れません。

機材メンテナンスと怠ると・・・

機材のメンテナンスを怠ると痛い目にあいます



例えば、ミキサーのメンテナンスを怠ったがために、電源の部分にサビが発生して電源が入らないということが起こり得るかもしれないのです。

そんなことが本番当日に起こったら、もう生きた心地がしないと思います。

このように、機材メンテナンスを怠ってしまうといつか必ず痛い目にあってしまいます。

機材メンテナンスの実施タイミング

特に明確なルールはありませんが、定期的に行う定期メンテナンスと不具合・違和感があったときに行う突発のメンテナンスがあります。

定期メンテナンスは少なくとも年に一度は行っておきたいところです。

頻度が多ければ多いほど、現場での不具合は減らすことができます。

突発のメンテナンスについては、問答無用で実施しましょう。