定番・おすすめケーブル


PAにおける「ケーブル」は人間で言う「血管」のようなものです。ケーブル無しにはPAシステムを構築することはできません。このページでは、定番・おすすめのケーブルを掲載していきます。

マイクケーブル

マイクロフォンの信号をミキシングコンソールに送る役割をするのがマイクケーブルです。先端のコネクター形状は様々ありますが、代表的なXLR端子(キャノン端子)のモデルを掲載しております。

マイクケーブル(完成品)

マイクケーブル(コネクター無し)

    

マイクコネクター

   

スピーカーケーブル

 

パワーアンプとスピーカーを接続するための使用するのがスピーカーケーブルです。マイクケーブルに比べて大きな電流が流れるため、電線が太くなっています。先端の形状はマイクケーブル同様に様々ありますが、代表的なスピコン端子のモデルを掲載しております。

スピーカーケーブル(コネクター無し)

スピーカーケーブルコネクター(スピコン)

マルチケーブルシステム

PAブースとステージまでの距離が遠い場合には、マイクケーブルを一本一本引いていたのでは日が暮れてしまいます。そこで使われるのがマルチケーブルです。マルチケーブルは、マイクケーブルを複数本まとめて一本の太いケーブルにまとめたものです。つまり、ケーブル1本引くだけで8チャンネルや16チャンネル分の信号を送ることが出来ます。マルチケーブルシステムは、「マルチケーブル」「コネクターボックス」「セパレートコード」を組み合わせて使用します。組み合わせる際には、チャンネル数を合わせる必要があります。また、ケーブルリール式になったマルチケーブルシステムも存在します。

CANAREマルチケーブルシステム

一体型マルチケーブルシステム


関連記事


ページ上部へ戻る