HOME >  PA機器の基礎知識 >  DIとは?

DIとは?


DIは「ダイレクト・インジェクションボックス」の略で別名「ダイレクトボックス」と呼ばれたりもします。エレキギター、ベース、キーボードなどの楽器を、直接ミキサーに接続する為の機材です。すると、「なぜミキサーに接続する際にわざわざDIを挟む必要があるの?」という疑問が湧いてくると思います。その答えは、「インピーダンスマッチング」をするためです。
「インピーダンスマッチングって何?」という疑問を解決するためには電気回路の説明からしないといけないので詳しくは説明しませんが、簡単に言うと「接続する楽器とミキサーの相性を合わせてあげましょう」ということです。相性が合わない人とはうまくいかないですよね?ちょっと専門的に説明するとエレキギターやエレキベース、キーボード等はハイインピーダンスな楽器です。一方、ミキサーはローインピーダンスの機械です。性格の違う両者は「相性が合わない」訳です。その結果、ノイズが発生したり、高域が減衰するといった問題が生じてしまいます。DIこそがこの問題を解決する仲介役なのです。また、エレキギターやエレキベース、キーボードの信号は、DIを通してミキサーに接続することにより、その楽器が本来持っているサウンドを得ることができます。

DIには以下のようなアクティブタイプとパッシブタイプがあります。

di_01パッシブタイプ
トランスを内蔵しただけのシンプルな構造で電源が不要。気軽に使用可能ですが、入力インピーダンスをアクティブ程高くすることができない為、エレキギターやエレキベース等、非常に出力インピーダンスの高い楽器に使用する場合には注意が必要。
di_02アクティブタイプ
9V電池やミキサーからのファンタム電源が必要となりますが、入力段にFETなどのトランジスタを搭載し、十分な効果と安定性を得られます。
現在はこのアクティブタイプが主流となっています。

また、プリアンプを内蔵したモデルも発売されています。

DI機能だけにとどまらず、最近では積極的に音作りができるプリアンプ機能を持たせた製品が増えています。

di_05 di_04 di_03

 

世の中には様々な種類のDIがありますが、それぞれ特徴が異なりますので自分の用途に合ったものを選んでください。


HOME >  PA機器の基礎知識 >  DIとは?

ページ上部へ戻る