HOME >  PA基本情報 >  様々な場所で活躍するPA

様々な場所で活躍するPA


PAの役割のページをご覧いただいた方はPAがなぜ必要で、どんな役割を担っているのかを理解していだけたと思います。このページでは、PAがどんなシチュエーションで活躍しているのかを具体的に説明していきます。代表的なシチュエーションは以下のようなところでしょう。

・会議室での講演会、スピーチ
・カフェでのライブイベント
・ライブハウス
・体育館でのライブイベント(学園祭等)
・ホールでのライブイベント
・アリーナ、スタジアムでのライブイベント
・大規模な野外イベント

会議室での講演会、スピーチ

20130331001

会議室での講演会やスピーチは数人から多くても30名に対して行うのが一般的です。その際も場合によっては「より明確に話しての発言が聞き手に届くように」という意味でPAが必要になることがあります。会場に常設の場合が多いかもしれません。規模に応じて持ち込みでPAを行うこともあります。

カフェでのライブイベント

071771ab

近年、このスタイルのライブは多いかもしれません。演奏者もアコースティックギターの弾き方りであったり、アカペラだったりとあまり大きな音を出す楽器を使わないため、気軽に企画される方が多いのだと思います。お客さんの数も数名〜十数名という場合が多いです。カフェは限られたスペースで営業されている店舗が多いため、常設のPA機材が置いてある場合は少ないです。そのため、カフェでライブをする際には、基本的には機材を持ち込んでライブをするという形になります。ただし、小型のPAシステムで対応できてしまう場合がほとんどです。

ライブハウス

livehouse

これは皆さんも良くご存知なのではないでしょうか?バンドを組んで、デビュー戦がライブハウスという方がほとんどでしょう。収容人数は数十名〜大規模なライブハウスになると1000人程度まで収容できるライブハウスもあります。ライブハウスはPA機材がは常設されていて、基本的にはライブハウス側のオペレーターの方がPAをするというのが一般的です。ある程度名の知れているバンドなどでは、専属のPAスタッフがオペレートすることもあります。また、部屋の音の響きの特性などライブ専用に設計されているため、ライブハウスにもよりますが音の完成度は高い場合が多いです。

体育館でのライブイベント(学園祭等)

resize1527-42fb7

学園祭などのライブイベント、ダンスイベントなどでは、この体育館が良く使用されます。観客数は数百名という場合が多いです。会場規模が大きくなるため、小型のスピーカーでは満足な音が出せないため、中型〜大型のスピーカーを用いるのが一般的です。体育館はライブ専用に設計された空間ではないため、音の響きは会場によって千差万別です。

ホールでのライブイベント

img_0

ある程度メジャーなアーティストになると、小、中規模のライブハウスではお客さんの収容人数が少ないため、ホールを貸し切ってライブをする場合があります。収容人数は数百人から多くて2000人くらいの会場です。ホールというのは、基本的にはオーケストラや合唱、演劇など生音の響きを楽しむように設計されています。そのため、割と残響時間が長い(よく響く)作りになっている場合が多いです。ホールでもある程度の常設機材を保有している場合がほとんどですが、それらは、基本的には司会者や講演会の話し手用というのを意識したPAシステムになっており、ライブで使用できるような機材でない場合が多いです。そのため、ホールでのライブをする際にはPA機材は全て持ち込みというようになります。

アリーナ、スタジアムでのライブイベント

IMGP1428

このクラスのライブができるのは、一部の一流アーティストになるため、PA機材なども大規模になってきます。収容人数も数千人〜数万人になります。
従って、アマチュアPAのレベルではこの規模のオペレートは不可能です。大規模なPA機材を保有した専門業者がPAをすることになります。体育館、同様にライブをするために設計されていないため、オペレートが非常に難しい場合が多いですが、PA会社各社はノウハウを蓄積しており、現在では、非常にクリアな音でライブが楽しめるようになっています。


HOME >  PA基本情報 >  様々な場所で活躍するPA

ページ上部へ戻る