HOME >  PA機器の基礎知識 >  マイクには「ダイナミック」と「コンデンサー」の2タイプがある

マイクには「ダイナミック」と「コンデンサー」の2タイプがある


ミュージシャンが直接扱うマイクとしては、「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」の2種類になるでしょう。
以下のようなマイクがダイナミックマイクと呼ばれているマイクです。
SHU SM58LC LIST
(画像をクリックしていただくと商品の詳細をご覧になれます)
この機種はSHURE社のSM58という機種で、世界中で使われている超ド定番のダイナミックマイクです。多くのライブハウスでは、このマイクが最初から設置されています。それくらい信頼性が高いマイクなのです。本当に使い込まれているSM58はこんな感じになります。
3c4585_25672ce31ab44125af5ca70754790037.jpg_256
外側はこんな感じになっても、マイクとしての性能は健在というタフさが世界標準の理由なのでしょう。
一方、コンデンサーマイクというのは、以下のようなマイクです。
beta87aa


ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの違いは、音を拾う仕組みが異なるのです。コンデンサーマイクはダイナミックマイクに比べて感度が高いのが一般的です。透き通ったようなウィスパー系の女性ボーカルにはぴったりなマイクだと思っています。
コンデンサーマイクは感度が高いゆえに、ハウリングも起こしやすいマイクです。爆音系のバンドで使用すると、ボーカルよりも周りの音の方が大きくなってしまうということはよく起こります。そのような場合は、ダイナミックマイクを使用した方が良い場合もあります。
コンデンサーマイクを使用する際にもひとつ注意点があります。それは、「電源が必要」ということです。ダイナミックマイクの場合は、基本的にはミキサー側からその電源を送ってもらう必要があります。この電源のことをファンタム電源と呼んでいます。
ライブハウス側のミキサーの仕様や回線の状態によってはファンタム電源を使用することが出来ない場合もあります。
そのような場合の自己防衛策としては、ファンタム電源を自分で持ち込むという方法があります。以下のようなものが売っていますので、自分で持っておくと良いかもしれません。
art_acp2pa
もっと安いモデルだとこんなモデルもあります。
br_ps400e

ダイナミックマイクとコンデンサーマイクはどちらも良し悪しはありますが、現在のPAにおける使用マイクのトレンドからすればダイナミックマイクで慣れておくことが賢明な策かもしれません。

 


HOME >  PA機器の基礎知識 >  マイクには「ダイナミック」と「コンデンサー」の2タイプがある

ページ上部へ戻る