HOME >  電気の基礎知識 >  送電のしくみ

送電のしくみ


発電所で作られた電気は最終的に家庭に送られるのですが、この過程を「送電」と呼びます。実は、発電所で出来た電気というのは、そのまま電線でつないで家庭に送られてくる訳ではないのです。以下の図をご覧ください。
pic_1
各種発電所で作られた電気の電圧というのは「27万5000V~50万V」です。一般家庭に届く電圧が100Vですので、いかに大きい電圧で発電が行われているかが分かります。もし、この電圧で家庭に送られてきていたら大変なことになります。そこで、家庭に届くまでの間に「変電」という作業をします。この作業をするのが変電所です。
DSCF0374
このような変電所を何箇所か挟むことによって、電圧を下げていきます。最終的に電柱についている変圧器によって家庭で使える100Vに変換される訳です。
ea579fb0bb1cc862396c02e8af53e861

以上が送電のしくみになります。


HOME >  電気の基礎知識 >  送電のしくみ
  
  
ページ上部へ戻る