小規模PA機器はレンタルよりも買ってしまった方がオトク?



「PA機器はなんとなく難しそう・・・」と思っている方も多いのではないでしょうか?

実際に本格的なPAとなるといろいろと難しいことも多いのですが、ちょっとしたイベントで小規模なライブをする程度であれば、実は自分たちで何とかなってしまう場合もあるのです。

実際に、小規模なPA機器を自前で保有しているバンドや団体は多いものです。

一方、PA機器を「レンタルする」という選択肢もあります。

このページでは、PA機器は自前で持っていた方がいいのか?レンタルした方が良いのか?をそれぞれのメリット・デメリットを考えながら解説していきたいと思います。

PA機器の購入するのとレンタルすることのメリット/デメリット

【PA機器を購入する場合】

PA機器を購入することの大きなメリットは

    • 長い目で見たときのコストが安い
    • 自由に使える

ということでしょう。近年、安価でそこそこの音が出るPA機器は様々なメーカーから発売されています。

このようなPA機器を購入することで安いコストでPA機器を手に入れることが出来ます。

そして、このPA機器を使う回数が多ければ多いほど、元が取れるということになります。

つまり、長い目で見たときのコストメリットが非常に大きいのです。

また、自分で所有しているので、好きなときに引っ張り出してきて使用することができるのです。

レンタルのように返却といった概念が無いので時間を気にすることなく使用することが出来ます。

一方、PA機器を購入するデメリットもあります。デメリットとしては、

  • 保管場所が必要
  • イニシャルコストが高い
  • メンテナンスを自分でやる必要がある

ということではないかと思います。

いくら小型のPA機器といっても、一式分となるとそれなりの保管場所が必要になります。

自宅にそのようなスペースが無い方は、貸し倉庫などを利用している例もあるようです。



また、イニシャルコストについては一昔前のPA機器の購入に比べたら格段に安くはなっていますが、ある程度まとまったお金が必要になります。

そして、機器のメンテナンスも自分でする必要があります。

ただし、そこまで大がかりなメンテナンスは必要無いのであまり大きなデメリットではありません。

【PA機器をレンタルする場合】

PA機器をレンタルする際のメリットは、

    • 単発でのコストが安い
    • 保管場所が必要無い
    • 機材のメンテナンスが不要

ということでしょう。

レンタルの良いところの一つ目としては、その日の分の金額だけ払えば良いということでしょう。

従って、一度しか使わないと言う場合はレンタルの方が良いでしょう。

また、レンタルは、基本的にはその日(または前日)に引き取りに行き、当日(または翌日)に返却するというシステムのため、自分でPA機器を保管するということをしなくて済みます。

機器のメンテナンスについても、レンタル業者が実施するので自分でする必要はありません。

一方、デメリットとしては

  • 何度も使用する場合はコストが高くなってしまう
  • レンタル期間という時間制限がある

というところでしょう。

単発のレンタル費用としては安くても、回を重ねるとその費用は馬鹿になりません。

場合によっては買ってしまった方が安い場合もあります。

また、レンタルには、レンタル期間があります。
通常、「20,000円/日」といったような料金設定になっていますので、その時間で収めなければなりません。

もし返却が遅くなった場合は、延長料金を支払わなければなりません。

このように、PA機器を自前で購入するのとレンタルするのとではそれぞれメリット、デメリットがあります。

自分がPA機器を使う状況をしっかりと考えた上でどちらが良いかを決める必要があります。

とは言っても、保管場所があるのであれば自前でやってしまうことをお勧めします。

自前でPA機器を持つことで、PA機器に関する知識が付きます。

それが演奏を良くすることにも繋がるのす。