顧客リストの重要性



顧客リストは、お客様(見込み客を含む)の情報をまとめたリストです。
ビジネスをうまくいかせるためには、この顧客リストの存在は欠かせません。
むしろ、どれだけの数の顧客リストを持っているかでそのビジネスが成功するかどうかが決まります。
つまり、顧客リストは企業にとっての財産なのです。

顧客リストは直接伝えるためのツール

何か物やサービスをお客様に提供しようと考えた時に、大きく分けると2パターンの提供方法があります。

  • 直接お客様に対してセールスをする
    (ダイレクトメール、電話、電子メール etc.)
  • 間接的にセールスをする
    (広告、口コミ etc.)

どちらの方が成約率が高いと思いますか?
答えは明白で、直接セールスした方が圧倒的に成約率は高くなります。
そのため、企業は直接お客様にアプローチするために、ありとあらゆる方法で顧客リストを集めようとします。
飲食店などで

「無料の会員登録をしていただくと、本日のお会計が20%offになります!」

というのを見たことがないでしょうか?
これは、紛れもない顧客リストを収集するための仕掛けです。
「お会計を20%offしてでも、顧客リストを獲得したい」というのを裏返すと、「顧客リストを獲得できれば、20%offの金額分の元は取れてしまう」ということです。
それくらい、顧客リストの存在はビジネスを行う上で重要な意味を持ちます。



顧客リストは資産

広告というものは、その特性上、掲載が終わってしまえば何の効果も発揮することはありません。
つまり、「使い捨て」的なものなのです。
一方、顧客リストはどうかというと、「繰り返し使える」ものです。
この差は非常に大きいです。何かセールスをしようとする度に広告を打っていたのでは、コストがかかりすぎます。
顧客リストを持っていれば、広告費を新たにかけずにセールスを行うことができるのです。
これは、「資産」以外の何物でもありません。
このように、顧客リストは資産であり、適切に扱えば圧倒的な結果を出すことができるのです。

多くのライブハウスでは、顧客リストは持っているものの、それを有効活用できていない場合が多いかと思います。
ブッキングで困った時だけ使用するというといった 場合が多いかと思います。
それは非常にもったいないことなのです。
実際の顧客リストの活用方法は別のページで解説していきたいと思います。
このページでは、「セールス」という観点で書きましたが、本当はセールスだけではダメです。
人はセールスを嫌う傾向がありますので、いきなりセールスしても売れません。
顧客リストに載っているお客様に対しては、定期的に有益な情報を提供するということも大切です。
Give and Takeという言葉があるように、こちらからお客様に対して差し出すことも必要なのです。