経営とは?

世の中には、様々なビジネスが存在しています。
飲食店や製造業、食品会社にサービス業と様々な会社が様々な価値を私たちに提供しています。
その中で、必ず「雇う人」と「雇われる人」という関係が出来ます。
ここで言う「雇う人」というのが経営者です。逆に「雇われる人」というのが社員やアルバイトスタッフということになります。
ここから分かるように、経営というのは自分のビジネスを持ち、そのために人を雇ったり店を構えたりしてお客様に価値を提供。そしてその対価としてお金をいただくということです。

経営の初期段階は困難なことばかり

会社に雇われていれば、会社が守ってくれます。
給料の管理から税金の納付、住居の手配までしてくれる会社もあります。
一方、経営を始めたばかりの経営者というのは、誰も守ってくれないのです。
給料の管理や税金の納付は全て自分で何とかしないといけませんし、住居の手配などしてくれる人はいません。
また、病気などになってしまったら収入はストップします。
このように経営を始めたばかりの段階では、「困難」を味わうことになります。



経営者には熱意が必要

経営者は「困難」な状況に度々ぶつかるのですが、このような困難を乗り越えていかなければなりません。
その際に自分の力だけではどうにもならない問題も発生することがあります。
そのような際には、協力者を探すことになります。
そして、協力を依頼する時に重要なのが「熱意」です。
その熱意が伝わり、共感してくれれば協力者は自ずと集まってきます。歴史的にも有名な経営者というのは、例外なく並外れた「熱意」を持っています。
この熱意が脈々と受け継がれて会社の成長につながっているのです。

自動化を考えることができるか?

賢い経営者は「自分がいなくてもビジネスが回る仕組み」を作ろうとします。
一生懸命自分で働くことが悪いわけではありませんが、自分がいなくても回るビジネスが出来れば、収入を確保した状態で新しいことにチャレンジする準備をすることだってできます。
それにより、会社の収益が上がれば、働いている社員、アルバイトスタッフの給料を上げる事だってできるのです。
経営者はこのような視点で自分が持つビジネスがうまく回るように仕掛けを作っていく仕事なのです。

お客様に何を提供できるかを追及する

経営というのは、お客様にどんな「価値」を提供できるかを追求する仕事でもあります。
時代のトレンドやお客様のニーズを捉え、必要とされているもの、もしくはお客様の期待を超えるものを提供することを考えなければなりません。
そのようなものを提供できれば、自然と収益は上がり、会社は反映していくのです。

 

このように、「経営」というのは、会社員とは別の視点で世の中を眺め、お客様が喜ぶようなものを提供していくことなのです。