カテゴリー:PAオペレーター向け情報

  • ライブはミュージシャンとPAオペレーターのセッション

    ライブを行う時には、多くの場合はPA機器が必要になります。そして、そのPA機器を操作するのがPAオペレーターです。 ミュージシャンは、自分たちの曲をお客様に聞いていただいて、楽しんでいただくために、精一杯演奏します。同…
  • ミキサーを置く台について

    ホールなどにおいて、仮設音響を設置する場合には、通常、ミキサーを置く台というのは、常設されておりません。多くの場合は、以下の2パターンのどちらかで対応します。 専用のミキサー台を持ち込む ミキサーには、以下のような専…
  • マインドセットの重要性

    マインドセットは、簡単に言ってしまえば、個人または企業が成長していく上での指針のようなものです。しっかりとしたマインドセットをすることで、ブレない経営が出来るわけです。 世の中で大きな成果を残している企業は、もれなく「…
  • PAで使われるケーブルとは?

    PAシステムを組む際には、機材と機材を接続するのにケーブルを使用します。そして、基本的にそのケーブルは機材と機材の間の電気信号(一部は光信号もあります)のやり取りをする役割を果たします。PAで使用されるケーブルの種類は様…
  • PA現場で役立つツール

    PA現場では様々なことが起こります。その際にそれに対処するツールを持っていると仕事がスムーズに進みます。それでは、順不同でツールを列挙していきたいと思います。 テスター テスターは、電源の電圧を測定したり、機材の抵抗…
  • 「知っている」と「できる」は全く違う

    このページでは、「知っている」と「できる」の違いについて書いていきたいと思います。文字にすると違いがわかりますが、現実において「知っている」と「できる」の違いを混同してしまっている人は多いです。 私は、小学校から高…
  • 他者批判の先に明るい未来はない

    私たちが毎日の生活をしていく中で、他人を批判したり、批判されたりすることがよくあると思います。 私がこの「PA情報局」というサイトを運営していく中で、メールなどをよくいただきますが、そのほとんどはポジティブな感謝の内容…
  • ダイナミックレンジとは?

    ダイナミックレンジというのは、我々が扱う音響システムの性能を表す指標の1つで、音響機器が扱うことが出来る信号の最小知と最大値の比率のことを言います。 少し乱暴な言い方をすると、「その音響機器がどれくらいの大きさの音を扱…
  • 音響機器にたくさん使われている「コイル」の性質

    コイルというのは、電気製品には必ず入っている部品の1つです。もちろんPA機器にもコイルが使われています。 このページでは、そのコイルの性質について書いていきます。 ちなみにコイルというのは以下のような部品です。 …
  • 音響機器にたくさん使われている「コンデンサー」の性質

    コンデンサーというのは、電気製品には必ず入っている部品の1つです。もちろんPA機器にもふんだんにコンデンサーが使われています。 このページでは、そのコンデンサーの性質について書いていきます。ちなみにコンデンサーというの…

PAビギナー向けメール講座

無料でPAビギナー向けメール講座配信中!
PA初心者のためのメール講座です。
これからPAを始める方やPAに少しでも興味のある方はぜひご登録ください。
簡単な入力のみで登録いただけます。

登録はこちらのボタンをクリック!

メルマガを購読する

定番・おすすめPA機材


ページ上部へ戻る