カテゴリー:■音の基礎知識

  • 室内音場の特徴

    PAをする場所というのは、大きく分けると「室内」と「屋外」の2パターンがあります。また、PAをする場合の多くは、ライブハウス、コンサートホール、アリーナなどの室内で行う場合が多いでしょう。そんな室内という音場の特徴という…
  • ダイナミックレンジとは?

    ダイナミックレンジというのは、我々が扱う音響システムの性能を表す指標の1つで、音響機器が扱うことが出来る信号の最小知と最大値の比率のことを言います。少し乱暴な言い方をすると、「その音響機器がどれくらいの大きさの音を扱える…
  • 音場とは?

    私が日常生活をしている環境においては、周りに建物や壁、家具、床など音を反射させる何かが存在します。その中で私たちは無意識に音を聞いています。 日常において聞いている「音」というのは、音源(音の出所)から直接届いたものだ…
  • S/N比とは?

    S/N比というのは「エスエヌ比」と言われており、Signal -Noise Ratioの略です。信号対雑音比などと言われたりもします。Signalというのは、信号のことです。ここで言う「信号」というのは使用したい信号のこ…
  • 人間の可聴領域

    このページでは人間の可聴領域について書いていきます。可聴領域というのは、人間が聞くことができる音の高さ(低さ)のことをいいます。音の高さの話なので、可聴領域を語るためには音の高さの単位であるHz(ヘルツ)という言葉を使用…
  • 音のかくれんぼ「マスキング効果」とは?

    「マスキング効果」というのは、二つの音が同時に鳴っている時にもう一方の音がかき消されて聞こえなくなってしまう現象のことを言います。 テレビを見ているとき、近くで電車が通ると音で聴こえにくくなる ラ…
  • ある音だけ聞こえてくる「カクテルパーティー効果」とは?

    「カクテルパーティー効果」というのは、ガヤガヤとしたパーティー会場の中でも自分に関係することだけ聞き取れてしまうという不思議な現象のことを言います。 人間の聴覚は数多くの音の情報がある場所において、自分に関係するこ…
  • 音の中心が変わる「ハース効果」とは?

    「ハース効果」という言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか?私はPAに関わるようになるまで聞いたことがありませんでした。おそらく知らない方も多いと思いますので、説明していきます。 「ハース効果」というのは、ライブ会場…
  • 音を表す単位「Hz(ヘルツ)」とは?

    「音の3要素とは」のページで音の高さは「Hz(ヘルツ)」で表されるというのをご説明させていただきました。このページでは、Hzとはどんな単位なのかを説明していきます。 「Hz」は音の高さを表す単位です。また、音の高さとい…
  • 音を表す単位「dB(デシベル)」とは?

    「音の3要素とは」のページで音の大きさは「dB(デシベル)」で表されるというのをご説明させていただきました。しかし、このdBとは一体何なのか?その正体をしっかりと理解している方は意外に少ないと思われますので、ここで解説さ…

PAビギナー向けメール講座

定番・おすすめPA機材

関連記事




ページ上部へ戻る