カテゴリー:■マイキングの実践知識

  • 少ない本数で行うドラムのマイキング

    ライブを行う際にはPAシステムを準備しますが、予算や設置場所の都合によっては、十分なチャンネル数を備えたミキサーを準備することができない場合があります。その際には、「いかに少ないマイクの本数でマイキングするか?」というこ…
  • オンマイクは不自然な音になって当たり前

    オンマイクというのは収音したい音源に近い位置にマイクを立てることを言います。そのオンマイクで収音した音というのは、「不自然な音」になって当たり前ということを忘れてはいけません。 少し考えれば分かると思いますが、我々…
  • マルチマイキングの基本

    マルチマイキングというのは、1つの音源(楽器)に対して複数のマイクを使用することを言います。マルチマイキングの代表としてあげられるのが、ドラムのマイキングです。ドラムは、様々な音域の様々な楽器が集まって構成されている楽器…
  • カホンマイキングの基本

    このページでは、カホンのマイクングについて説明していきます。 カホンという楽器については、カホンのしくみのページで解説しておりますのでご確認ください。 カホンのマイキングについては、様々な方法がありますがこのページで…
  • ベースマイキングの基本

    ペースのマイキングと記載しましたが、実際にはマイクだけでベースの音を収音している事は稀です。では何で収音しているのかというと、「DI」です。DIについては、DIとは?のページで紹介しておりますので、ご参照ください。DIは…
  • ギターマイキングの基本

    ギター(エレクトリックギター)のマイキングについて説明していきます。 ギターのマイキングをする際には、基本的にはギターアンプの前から出る音をマイクで収音します。 上の写真のようにマイクをギターアンプの前に立てます…
  • シンバルのマイキング

    このページでは、シンバルのマイキングについて説明していきます。ドラムセットを構成するパーツの中で、シンバルというのは異質なものだと私は考えています。それはどういうことかと言うと、バスドラム、スネア、タムなどとは「欲しい音…
  • ハイハットのマイキング

    ハイハットは、バスドラムやスネアと同様に基本のフレーズを作る際には欠かせないパーツです。 ■ハイハットのしくみ ハイハットは、2枚のシンバルを専用のハイハットスタンドに上の写真のようにセットして使用します。ス…
  • タムのマイキング

    タム(タムタム)のマイキングを説明させていただきます。タムはバスドラムとスネアとは異なり、メインのフレーズを叩く際にはあまり使用されません。「フィルイン」や「おかず」と呼ばれる小節の最後に入れるフレーズを叩く際に良く使用…
  • スネアのマイキング

    スネアのマイキングについて説明していきます。 スネアはバスドラムと同様にドラムの音を構成する上でかなり重要なパーツになります。 スネアの特徴としては、ボトムにスナッピーと呼ばれる響線が付いていることです。この響線…

PAビギナー向けメール講座

定番・おすすめPA機材

関連記事




ページ上部へ戻る