カテゴリー:■電気の基礎知識

  • 音響機器にたくさん使われている「コイル」の性質

    コイルというのは、電気製品には必ず入っている部品の1つです。もちろんPA機器にもコイルが使われています。 このページでは、そのコイルの性質について書いていきます。 ちなみにコイルというのは以下のような部品です。 …
  • 音響機器にたくさん使われている「コンデンサー」の性質

    コンデンサーというのは、電気製品には必ず入っている部品の1つです。もちろんPA機器にもふんだんにコンデンサーが使われています。 このページでは、そのコンデンサーの性質について書いていきます。ちなみにコンデンサーというの…
  • 真空管の歴史

    真空管の起源は1905年に遡ります。1879年にエジソンが白熱球を発明したことヒントを得たイギリス人のフレミングが1905年に真空管の原型とも呼べる2極管を発明しました。 その後、ラジオの父と呼ばれるアメリカ人のフ…
  • スライダックとは?

    「スライダック」というのは、あまり聞きなれない機器名だと思いますが、実は、多くのPAの現場において重宝されている機器なのでご紹介しておきます。 「スライダック」というのは変圧器の一種で、入力された電圧に対して、出力電圧…
  • 電線許容電流量について

    電線にはどれくらいの電気が流せるのか?というのを考えたことがある方は少ないとは思います。通常の生活で使用する家電製品は、使用している配線に電流が流れ過ぎないようにうまく設計されていたります。一方、PAにおいては、様々な機…
  • 電線の抵抗値について

    「電線にも抵抗があるの?」と思われる方も多いかと思いますが、そう思われても不思議ではありません。なぜなら、電気回路の計算をする際には電線の抵抗は無視しているからです。なぜ無視できるかというと、無視できるくらい小さいからで…
  • 直列接続と並列接続

    電気回路においては、抵抗やコンデンサーなどの電子部品を接続していく訳ですが、その際に大きく分けると2種類のつなぎ方があります。 直列接続 並列接続 この2種類です。直列接続と並列接続が分かりやすいよ…
  • 合成抵抗の法則

    音響機器を理解する上では、電気の知識は必須です。その中でも頻繁に耳にする「抵抗」について触れていきたいと思います。抵抗はインピーダンスと言われたりもします。抵抗は、電気回路において「電気を消費するところ」と言えます。 …
  • オームの法則

    オームの法則は、電気工学の中で最も重要な法則です。1781年にヘンリー・キャヴェンディッシュが発見した法則ですが、その業績は1879年にマクスウェルが『ヘンリー・キャヴェンディシュ電気学論文集』として出版するまで未公表で…
  • 電源の極性について~コンセントには向きがある~

    日本の家庭には、以下のようなコンセントがあります。 この普通の家庭にあるコンセントですが、電気製品の電源コードを差し込む際に差し込む向きを考えて差し込んでいる人は、ほぼいないのではないでしょうか?実際には、…

PAビギナー向けメール講座

定番・おすすめPA機材

関連記事




ページ上部へ戻る