カテゴリー:【ミュージシャン向け】PA基礎知識

  • スタジオにあるミキサーの操作方法

    バンドなどをやっていると、必ずレンタルスタジオを利用するかと思います。 初めてスタジオに入る時は緊張するものですよね。私自身も初めてスタジオに入った時は緊張しました。確か中学生くらいの時でした。 自分の楽器の音を出す…
  • スタジオにもPA機器はあるんです。

    バンド練習などで使用するリハーサルスタジオ。通常、リハーサルスタジオには、小型のPA機器(システム)が設置されています。 スタジオに置いてあるPAシステムの主な用途は以下の3パターンだと思います。 ボーカルや…
  • モニタースピーカーには足を乗せてOK?

    プロのロックバンドのライブなどを見ると、ボーカリストがモニタースピーカー(足元にあるスピーカー)に足を乗せて歌っている場合があります。バンドをやるんであれば、「あんな風に歌ってみたい」と思う気持ちも分かります。しかし、こ…
  • ライブをする上で知っておくべき用語集(ベース編)

    ●コンボアンプとスタックアンプ ベースアンプにはギターアンプ同様にすべてが一体化されているコンボアンプとアンプヘッドとキャビ(スピーカー)が分かれているスタックアンプがあります。しかし、ライブハウスにあるベースアンプは…
  • ミュージシャンとPAは切っても切れない関係

    ミュージシャンがライブをする際には、間違いなくPAというものを使用します。 バンドというのは、各パートの音量バランスが重要です。基本的には音量調整が難しいドラムを中心に音のバランスを考えていきます。するとどうしても音量…
  • 小規模PA機器はレンタルよりも買ってしまった方がオトク?

    「PA機器はなんとなく難しそう・・・」と思っている方も多いのではないでしょうか? 実際に本格的なPAとなるといろいろと難しいことも多いのですが、ちょっとしたイベントで小規模なライブをする程度であれば、実は自分たちで何と…
  • 近接効果を使ったボーカルのマイクテクニック

    マイクには、その構造上の特性で「近接効果」というものがあります。この近接効果というのは、簡単に言ってしまうと、マイクに近づくと低音域が強調されるという現象です。近接効果についてもう少し知りたい方はこちら→近接効果とは? …
  • マイクには「ダイナミック」と「コンデンサー」の2タイプがある

    ミュージシャンが直接扱うマイクとしては、「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」の2種類になるでしょう。 以下のようなマイクがダイナミックマイクと呼ばれているマイクです。 (画像をクリックしていただくと商品…
  • モニター音の作り方

    モニターの音作りについて書いていきます。 「モニタースピーカーの役割」のページでも書かせていただきましたが、モニターの使い方のパターンは3種類頬ほどあります。 パターン1「全ての音が欲しい」 これは、演奏者…
  • モニタースピーカーの役割

    モニタースピーカーというのは、演奏をするために必要な音を聞くためのスピーカーです。 良くボーカリストが足を乗せてるやつですね。 このモニタースピーカーですが、いろいろ踏み込んでいくとなかなか奥が深いものなのです。…

PAビギナー向けメール講座

定番・おすすめPA機材

関連記事




ページ上部へ戻る