カテゴリー:【ミュージシャン向け】ライブの基礎知識

  • ライン入力する楽器を使用する際の注意点

    ライブをする際には、PAが各楽器(パート)の音をミキサーに入力し、それをバランス良くミックスしてメインスピーカーから出力します。楽器の音をミキサーに入力する際は、以下の2種類の方法があります。 マイクで音を入力…
  • ライブハウスのドラムセットはチューニングする?

    ライブハウスでライブをする際には、ドラマーは基本的にライブハウスに常設のドラムセットを使用することになります。ここで、よくある疑問が「常設のドラムセットのチューニングをするかどうか?」ということです。ここで言うチューニン…
  • ライブをする上で知っておくべき用語集(よく聞く言葉編)

    ●おはようございます 昼でも夜でも、その日に初めて会ったら「おはようございます」というのがライブハウスの慣例となっています。誰に対しても失礼がなく、いつでも使える言葉ですので、どんどん「おはようございます!」と元気に言…
  • ライブをする上で知っておくべき用語集(備品・設備編)

    ●はこうま(箱馬) 高さを稼ぐ台のことをこう呼びます。ギターアンプを乗せて高さを稼いだり、機材を置いたりと様々な用途で使われます。木で作成して黒く塗装されたはこうまはよく見かけます。ビールケースで代用される場合も多いで…
  • ライブをする上で知っておくべき用語集(キーボード編)

    ●エレピ エレクトリックピアノの略で、本来は生のピアノにピックアップをつけて大きな音を出せるようにしたものです。現在では、デジタルピアノ(88鍵ある大きめのもの)を指すことも多いですが、実際に「エレピ」という音色もあり…
  • ライブをする上で知っておくべき用語集(ドラム編)

    ●バスドラム ドラムセットの中でも最も大きいパーツで、バスドラ、ベードラ、キックなどと呼ばれています。ボディーが大きい分、ドラムセットの中では一番低い音が出ます。バスドラムは通常、キックペダルというバスドラム専用のペダ…
  • ライブをする上で知っておくべき用語集(ギター編)

    ●コンボアンプとスタックアンプ コンボアンプというのはジャズコーラスやツインリバーブのように1つの箱の中にすべての機器が入っているギターアンプです。それに対して、スタックアンプというのは、「ツマミが付いているヘッドアン…
  • ライブをする上で知っておくべき用語集(ボーカル編)

    ●ハンドマイク マイクを手で持って歌うことを「ハンドマイク」と言います。マイクスタンドにセットして使う場合に比べてハウリングの仕方が変わってくるため、演奏の都合で途中からハンドマイクになる場合などはリハーサル時にPAさ…
  • ドラムチューニングの基本

    ドラムという楽器は、多くのパーツが集まって構成されています。その中でも大きく分けるとバスドラム、スネア、タムなどの「タイコ」とハイハット、ライド、クラッシュなどの「シンバル」の2種類に分けられます。その中でもチューニング…
  • 音域の棲み分けは完全には不可能

    バンドの音作りが分かってくると、各パートの音が抜けてくる(よく聞こえる)ように「音域の棲み分け」ということを考えるようになると思います。 しかし、結論から言うと、完全に音域の棲み分けをすることは不可能です。 生楽器と…

PAビギナー向けメール講座

定番・おすすめPA機材

関連記事




ページ上部へ戻る