HOME >  BEHRINGER ( ベリンガー ) 「X32」特集ページ >  X32の特徴

X32の特徴


「デジタルミキサーは複雑で操作が難しい」というイメージをお持ちの方も多いかと思います。
しかし、「X32」は他のデジタルミキサーとは異なり、直感的に操作することが可能となっています。

実際に、私も使ってみましたが、「使いやすい」という感想を持ちました。

そんなX32の特徴(セールスポイント)をまとめてみました。

MIDASと共同開発されたマイクプリアンプ

ミキサーの音質の要とも言えるのが「マイクプリアンプ」です。X32では、このマイクプリアンプを世界にその名をとどろかせるミキサーメーカーであるMIDAS(マイダス)と共同開発して32基(全てのマイクインプットに)搭載しています。
そのため、同価格帯のミキサーに比べるとワンクラス上の音を出すことが出来るのです。
実際に、アマチュアレベルのPAでの使用を考えた場合、十分すぎる音質です。

X32_COMPACT_Pre_amps

ムービングフェーダー

デジタルミキサーでは必須の機能である「ムービングフェーダー」ですが、X32にもしっかりと搭載されています。
X32には、100mmのムービング・フェーダーが25基搭載されています。選択した機能の設定状況に応じてフェーダーが一斉に動きます。
フェーダーの動きは非常にスムーズで、動かす際の軽さもちょうどいいですね。
昔、初めてムービングフェーダーに触った時の感動はものすごいものがありました。今では、そんな感動をローコストで味わえる時代が来たのです。

Motorized-Faders

LCD表記ストリップ

フェーダーの上についている小さな画面のことです。
この画面には、「チャンネル番号」「チャンネルに割り当てた入出力のアイコン」「チャンネルに割り当てた入出力名」が表示できます。
アイコンはプリセットで入っているため、その中から選ぶようなスタイルになっています。音源名は、自由に設定することが出来ます(日本語は使用不可)。また、色もつけることが出来ます。
このLCD表記ストリップによって、チャンネルやバスの視認性が格段に向上します。今までミキサーに貼っていたマスキングテープはもういらないということですね。

lcd_scribble_scripts-2

ビュー機能

コンプレッサー、ゲート、イコライザーなどの各種操作エリアの右下には「VIEW」というボタンが設置されています。
このボタンを押すと、その機能の詳細設定画面に飛ぶことが出来ます。
たとえば、コンプレッサーのエリアにある「VIEW」ボタンを押すと、スレショルドはもちろんのこと、レシオ、アタックタイム、リリースタイムなどの設定画面を瞬時にメインディスプレイに呼び出すことが出来ます。

view_button_stern

大型メインディスプレイ

大型17.5cmカラーTFTディスプレイを搭載しています。
各種設定情報を見やすく表示することができ、快適なオペレーションを可能にしてくれます。
基本的には、どの角度からもはっきりと見ることができますが、日が出ている野外などで使用する場合には、日陰を作らないと画面が見えませんのでご注意ください。

7inch_display

DCAグループ機能

DCAというのは、Digitally Controlled Amplifierの略です。簡単に言ってしまうと、複数のチャンネルの音量を一括で変えることが出来る機能です。
通常、このようなことを行う場合は、サブミックスのチャンネルと新たに作る必要がありますが、X32のDCAはその必要が無く、簡単な設定でグループを作成することが出来ます。
この機能は、ドラムのミックスを扱う際に非常に便利です。ドラムに関するチャンネルを1つのDCAグループに設定することで、フェーダーを1本でドラム全体の音量をコントロールすることが出来ます。これもオペレートの効率を上げてくれる機能です。

dca_groups

センドオン・フェーダー機能

この機能が無いと私はオペレートしたくないです。と言いたいくらい便利な機能です。言葉で説明するのは、非常に難しいのですが、例をあげて説明します。
X32には、16本の個別チャンネル用のフェーダー+8本のAUX、出力用のフェーダー+1本のメイン出力用フェーダーで構成されています。
チャンネル1にボーカル、チャンネル2にアコースティックギターを入力、また、出力バス1にモニターミックスを設定したとします。
モニターにボーカルの音を返したい場合は、2通りのやり方があります。

  1. ボーカルのチャンネル上部のセレクトボタンを押し、「センドオン・フェーダー」のボタンを押した状態で出力BUS1のフェーダーを上げるとモニターにボーカルの音を返すことが出来ます。
  2. 出力BUS1上部のセレクトボタンを押し、「センドオン・フェーダー」のボタンを押した状態でボーカルが入力されているチャンネル1のフェーダーを上げるとモニターにボーカルの音を返すことが出来ます。

1のパターンは、「ボーカルを全てのモニターに返す」といった作業をする時に便利です。
2は、「ボーカルのモニターに、ベースとギターとキーボードを返す」といった作業をする際に便利です。

「入力された音をモニターに返す」のと「モニターに任意の入力信号を返す」の違いですね。
非常に便利な機能なので、ぜひご活用ください。

sends_on_stern-1

アサイン機能

よく使う機能を設定しておくことで、より効率的なオペレートを実現できます。
アサインエリアには、4つのエンコーダー(ツマミ)と8つのボタンが設置されています。これらに任意の機能を割り当てることができます。
エンコーダーには、リバーブタイム、ディレイタイムなどを割り当てておくと便利です。
また、ボタンには、リバーブのON/OFFを設定しておくと非常に便利です。自分でカスタマイズして、使いやすいように出来るのが良いですね。

assign-section

 

RTA機能

RTAはReal Time Analyzerの略で、音の状態を見える化することが出来る機能です。
イコライザーの設定画面で背後に映すことができるため、補正ポイントの見極めに便利です。
また、ハウリングポイントも見える化できるため、より正確なオペレートが実現できます。
(ただし、頼りすぎると音に関する感覚が鈍るため、あまり多用は避けましょう)

ダウンロード (1)

PCやiPadによるリモート制御

デジタルミキサーを使う大きなメリットの1つに、PCやiPad、iPhoneでのリモート制御が出来ることがあげられます。
ミキサーに無線LANのルーターを接続することでPCやiPad、iPhoneとミキサーを無線接続することができます。そして、X32の専用アプリを使用するPCやiPad、iPhoneにインストールすることでX32を遠隔操作することができます。
遠隔操作すると、「モニターの目の前でモニターのチューニングが出来る」「客席に実際に座って音の確認が出来る」といったメリットがあります。
これも非常に便利な機能ですので、X32を導入したらぜひ使用していただきたい機能です。

X32-Mix-iPad

USBやFirewireによるPCとの連携

X32の背面パネルには、PCとUSB接続、Firewire接続を可能にするためのX-UFカードがインストールされています。これを利用することで、X32を32chのオーディオインターフェースとして使用できるのです。PCにProtoolsのようなDAWがインストールされていれば、32chのマルチトラックレコーディングが実現できます。
同様にしてライブレコーディングを行うことも可能です。私はよく、サービスでライブ音源を録音してあげます。その音源を後でプレゼントすると非常に喜ばれます。

196952

デジタル伝送システム

ミキサーがデジタル化した恩恵。それは、デジタル伝送システムが使えるということです。X32では、AES50という伝送規格が使用されています。
別売りのデジタルステージボックス「S16」を導入すれば、16ch分の信号がLANケーブル1本で伝送できます。これで重くて扱いにくいマルチケーブルを使用しなくて良いわけです。
仕込みも撤収も一人で行えるため、コスト削減にもつながります。

AES50

 

いかがでしょうか?
デジタルミキサーを扱ったことが無い方には衝撃的な機能がデジタルミキサーには搭載されています。
デジタルミキサーが絶対に良いということではありませんが、メリットが多いことは事実です。
機材購入の際の参考にしていただければと思います。


HOME >  BEHRINGER ( ベリンガー ) 「X32」特集ページ >  X32の特徴

ページ上部へ戻る