HOME >  BEHRINGER ( ベリンガー ) 「X32」特集ページ >  X32を快適に使用するための便利な周辺機器

X32を快適に使用するための便利な周辺機器


ベリンガーのX32には、様々な周辺機器を接続することができます。
このページでは、そのような周辺機器をご紹介していきます。

デジタルステージボックス「S16」

br_s16

X32の力を最大限に引き出すためには、このS16の存在が欠かせません。
S16はデジタルステージボックスと呼ばれていて、ステージとミキサー間をLANケーブルで接続することが出来るのです。
今まではものすごく重いマルチケーブルを弾き回していた作業が必要無くなるわけです。
LANケーブル1本で16インプット、8アウトプットの合計24チャンネル分の信号を伝送できます。
X32にはS16を2台接続することができ、32インプット、16アウトプットの環境を構築すために必要なのはLANケーブルだけです。
これにより、ある程度大きな規模の会場でも一人でケーブルの引き回しを行うことが出来ます。

S16は16インプットモデルですが、32インプットモデルの「S32」もあります。
br_s32aa

PA現場でLANケーブルを使用する場合は、家庭用のLANケーブルを使用しても問題はありませんが、引き回しの作業性、ケーブルの耐久性を考えると以下のようなイーサコンケーブルを使用するのが良いでしょう。
belden_et74003b10ra

通常、家庭で使用するLANケーブルはドラムリールにまかれていることはありませんが、PA現場で使用する場合は、ドラムリールタイプのものを使うと非常に便利です。
上記のイーサコンケーブルは、BELDEN社のものになります。ちなみに、BEHRINGER社からもイーサコンケーブルを販売しております。

パーソナルモニターシステム「POWERPLAY 16 P16-M」

behringer_p16ma_3

P16-Mは、パーソーナルモニターシステムです。
つまり、自分の手元で好みの音量バランスに調整できる様なシステムのことを言います。CUE(キュー)システムと呼ばれたりもします。
通常、レコーディングで使用される場合がほとんどですが、理想を言えば、ライブの時にもあったら良いなと思うシステムです。
P16は低価格で大規模なモニターシステムを構築できるということで、今後、それぞれの演奏者の目の前に、P16が置かれて、「自分の好きなようにモニター音を調整してくだい」というのが一般的になるかもしれません。

P16を設置する際には、便利なオプションがあります。

BEHRINGER ( ベリンガー ) / POWERPLAY 16 P16-MB

behringer_p16mba

これを使用すれば、マイクスタンドやドラムスタンドにP16をセットすることができます。

X32用ミキサーケース

ミキサー全般に言えることですが、ミキサーは「精密機器」です。
このような精密機械をトラックなどに積んで運搬しなければなりません。その際に、ぶつけたりして壊しては大変です。そこでミキサーに必須なアイテムは、「ミキサーケース」です。
X32は、各社から専用ケースが発売されています。
スタンダードなものだとこちら。

■ROADREADY / RRX32WE
rr_rrx32wed

機能性も求めるのであればこちら。当然、価格は上がります。

■SKB / 1RMX32-DHW

 

UPS(無停電装置)「CLASSIC PRO / UPS1000RT」

cp_ups1000rtd_2

X32のウィークポイントは、電源の弱さです。
ある程度の電圧降下でミキサーの電源が落ちてしまうというのを、何度か経験しました。
その対策としては、いろいろ考えられますが、一番ベストな方法は、UPS(無停電装置)を使用することです。
しかし、UPSにも様々な種類があります。その中でもX32用に使用する場合、特にUPSに気をつけなければいけないのは、「瞬間的でも電圧が落ちることが無いUPS」を選ぶことです。
私は、常時インバーター式のUPSを使用しています。これを使用していれば、電源の元を引っこ抜かれてもミキサーの電源が落ちることはありません。X32を使用する場合は、ぜひ一緒に使いたい機器です。

以上がX32を快適に使用するための便利な周辺機器でした。


HOME >  BEHRINGER ( ベリンガー ) 「X32」特集ページ >  X32を快適に使用するための便利な周辺機器

ページ上部へ戻る