HOME >  BEHRINGER ( ベリンガー ) 「X32」特集ページ >  チャンネルをアサインするという考え方

チャンネルをアサインするという考え方


X32に関わらず、デジタルミキサー全般に共通する話なのですが、「チャンネルをアサインする」という概念を理解する必要があります。

アナログミキサーではインプット1に入力された信号は、当然のごとくチャンネル1に送られます。 アウトプットについても同様で、AUX1のつまみをあげれば、AUX1 outの端子から信号が出力されます。 しかし、デジタルミキサーはその辺りの自由度があるのです。 極端なことを言えば、インプット1に入力した信号をミキサーのチャンネル9に送ることができます。
X32の場合は、8チャンネル単位でアサインができます。つまり、「1〜8のインプット」を「ミキサーの1〜8」や「9〜16」「17〜24」「25〜32」といったチャンネルに割り当てることができます。 これをする作業を「アサイン(割り当て)する」と言います。X32では、「ROUTING(ルーティング)」というメニューでこれを設定することができます。

298dca55

設定方法によっては、このアサインのデータも保存することができるため、いちいち配線を繋ぎ変えなくてもチャンネルの割り当てを変更することができるのがデジタルミキサーのメリットですね。

ただし、X32は8チャンネル単位でしかアサインの設定ができないため、 1チャンネルずつ設定できる他者のデジタルミキサーに比べると不便な部分はあります。今後のファームウェアーのアップデートでの改良に期待です。アップデートできるというのもデジタルミキサーの特徴です。 中身のソフトを更新することで機能を追加できるというのは本当に便利ですね。


HOME >  BEHRINGER ( ベリンガー ) 「X32」特集ページ >  チャンネルをアサインするという考え方
ページ上部へ戻る