集客法『ご利用経験のあるお客様にメールを送信』


『ご利用経験のあるお客様にメールを送信』という集客法は、リピート顧客に対する集客法です。この集客法を行う上では、当然「メールアドレス」が必要になります。このメールアドレスを入手する方法としては、様々ありますが、代表的なものは以下のような方法です。

  • メンバー登録時に入力してもらう
  • メールアドレスを入力すると特典を受けられるようにする
  • ご利用後のアンケートに記載してもらう

この集客法を実施する上では、このようなことを事前に行っておく必要があります。メールアドレスをたくさん持っていればいるほど、たくさんのリピート顧客を獲得できる可能性が出てきます。それでは、どんな内容のメールを送信すれば良いのでしょうか?

動きがあることをPRする

一度利用したことのあるお客様に対してメールを送信する際には、絶対的な正解はありませんが、コンセプトとしては「動き」があることをメールの文章に入れ込んだ方が良いでしょう。
ここで言う動きというのは、「新商品の販売を開始しました」であるとか「先日、サービスを使用してくれたお客様がこんなに喜んでいました」といったように、企業として「動いていますよ!活動していますよ!」と言うのをPRすることが重要です。こちらからメールを送る以上は、活発に動いて、お客様に良い製品やサービスを提供できるように努力していることを伝える必要があります。

あなたのことは忘れている

一度利用していただいたお客様でも、大半のお客様はあなたの会社、製品、サービスのことを忘れてしまっています。これは、自分に置き換えてみても分かるはずです。私自身も「あのおいしかったラーメン屋さんはどこのラーメン屋さんだっけ?」というようになることがよくあります。「おいしかったラーメン屋さん」というのは思い出せますが、その店の名前や場所を思い出せないのです。そんな時に、そのラーメン屋さんから「新メニューを始めました。・・・・・ぜひお越しください。」というようなメールをもらったら、そのラーメン屋さんに行ってみる人は少なからずいるはずです。
このように、人は、一度利用したことがあっても、簡単に忘れてしまうものなのです。それを思い出してもらうツールとしてメールが有効に使えるということです。




ページ上部へ戻る