集客法『電話営業』


電話営業というのは、最も古典的な集客法です。現代では、「電話営業=迷惑行為」といったイメージが強く、積極的に行なっている会社は減少傾向にあるのではないでしょうか?
しかし、電話営業というのは、使い方を間違わなければ、強力な集客法になることは、間違いありません。上記の電話営業というのは「飛び込みの電話営業」を想定しています。つまり、アポ無しの電話営業ということになります。電話に限らず、アポ無しの営業というのは敬遠されます。それではどのようにしたら電話営業を有効活用できるでしょうか?

成約率の高さの法則

成約率の高さというのは、以下のような法則に基づいています。

Web < メール < 電話 < 対面

つまり、Webよりもメール、メールよりも電話、電話よりも対面で営業を行う方が成約率が高くなるということになります。今回のテーマの「電話営業」は対面の次に成約率が高い営業方法となっています。しかし、上記のように、いきなり電話をかけてしまうと、相手は被害者意識を持ってしまいます。これでは、成約にこぎつけるのは難しいでしょう。そこで必要なのが「ワンクッション置く」ということです。
例えば、展示会で名刺交換をした人に対して電話営業を行う場合には、いきなり電話をした場合と比較すると成約率は格段に上がるでしょう。

このように、電話営業は古典的な集客法なのですが、使い方を間違えなければその効果は絶大です。うまく活用して集客につなげて行きましょう。


関連記事



 

ページ上部へ戻る