HOME >  思考・メンタル >  なぜPAをやりたいのかを考える

なぜPAをやりたいのかを考える


PAという作業は飲食店やホテルなどと同じサービス業だと思っています。お客様にいかに喜んでもらえるか?出演者の方にいかに喜んでもらえるか?ということを追求する仕事です。
人を喜ばせるためにはそれなりの信念が必要です。そこで信念を持つためにはまず「なぜ自分がPAをやりたいのか」を明確に考える必要があるのです。「やる意味」が分からないことに信念を持って取り組める人はこの世の中にはいません。だからこそ「なぜ自分がPAをやりたいのか」を考えることは非常に重要なのです。私の場合は、「地元のミュージシャンに気軽に良い音で演奏できる環境を提供し、音楽活動を楽しくできるようにすることで地元を盛り上げたい」というのがPAをやりたい理由です。
このような理由は人によって様々でしょう。ただし、ここであげる理由は誰に何を言われても揺るがないものを設定してください。

PAをやっていると主催者の方に怒られる時もある、出演者の人に怒られる時もある、イベント会場近隣の方に怒られることもあるこんな時に支えになるのが上であげたような「PAをやる理由」なのです。これが明確で揺るがないものであれば少し怒られたくらいではPAをやめるなどとは言い出さないでしょう。こんなことを念頭に置いてPAというものに取り組むと、きっと素晴らしいオペレートができるようになると思います。

 


HOME >  思考・メンタル >  なぜPAをやりたいのかを考える

ページ上部へ戻る