HOME >  PA機器の基礎知識 >  リバーブ/ディレイ

リバーブ/ディレイ

リバーブは「空間系エフェクト」と呼ばれるもので音に広がりを出すためのエフェクターです。リバーブを使うとどうなるかというのは、銭湯(温泉)を想像してもらえるとわかり易いかと思います。「あ」と声を出すと響きますよね?
7_0033
あの響きを再現したのがリバーブなのです。PAで使用するリバーブは通常、下の写真のようにラックにマウントできるタイプのものが使用されます。

m300_5
リバーブはPAをする際には必須のエフェクトです。ボーカルにかけたり、ドラムのバスドラムやタムなどにかけたりしてライブの臨場感を演出します。
デジタルミキサーなどにはほぼ例外無くリバーブが内臓されていますが、アナログミキサーを使用する場合は、内臓でエフェクト機能が無いものも多です。その際は外付けのものを使用すると良いでしょう。
リバーブとミキサーの接続方法は「リバーブ・ディレイの接続方法」をご参照ください。


HOME >  PA機器の基礎知識 >  リバーブ/ディレイ
  
  

最近のお知らせ

  1. PA情報局は2017年1月にサイト開設1周年を迎えます。 この1年間、たくさんの方々のお力添え…
  2. PA情報局は、日々、更なるサービスの品質向上を目指しております。その活動の一環として、ご利用者様の率…
  3. いつもPA情報局のコンテンツをご覧いただきありがとうございます。 この度、PA情報局ではY…
サウンドハウス
ページ上部へ戻る