HOME >  PA機器の基礎知識 >  パラメトリックイコライザーの使い方

パラメトリックイコライザーの使い方


パラメトリックイコライザーはグラフィックイコライザーと並んでPAをする上で重宝するイコライザーです。「パライコ」と略されて呼ばれることが多いです。このページでは、パラメトリックイコライザーの使い方を解説していきます。
※グラフィックイコライザーの使用方法はこちらからご覧ください。

パラメトリックイコライザーとは?

パラメトリックイコライザーはグラフィックイコライザーとは異なる方式のイコライザーになります。グラフィックイコライザーが調整できる周波数などが固定されているのに対して、パラメトリックイコライザーは自由に調整できるような仕組みになっています。パラメトリックイコライザーを使用する際に操作するパラメーターは3つあります。

  • Frq
    Frequencyの略です。日本語で言うと周波数を意味します。下図のでいうと、周波数カーブがピークになる周波数のことを指します。基本的には周波数カーブの中心でピークになるので、中心周波数と呼ばれたりもします。このパラメーターの設定を補正したい音に合わせることで、その音を補正できるようになります。
  • Gain
    Gainは周波数カーブの高さ、つまり補正量を設定するパラメーターです。
  • Q
    Qは周波数カーブがピークに対して半分の値になる時の周波数特性カーブの幅を指します。Band Width(帯域幅)などと言われたりもします。Qが大きいほど、広い周波数帯域に対して補正をかけることができ、Qが小さいほど、周波数特性カーブはシャープになり、より狭い周波数帯域の音の補正ができるようになります。

図1

このような3つのパラメーターを用いて音の補正を行っていきます。
ミキシングコンソールの各インプットチャンネルに装備されているイコライザーもパラメトリックイコライザーです。ただし、Qが固定されていたり、Frqが固定されていたりする場合もあります。

パラメトリックイコライザーの使い方

パラメトリックイコライザーの主な使い方は、グラフィックイコライザー同様に「音の補正」なのですが、パラメトリックイコライザーの場合は「積極的な音作り」にも活用されます。ただし、使いすぎには注意する必要があります。
パラメトリックイコライザーは3つのパラメーターである程度自由に任意の周波数帯の音を調整することができます。その特性ゆえに積極的な音作りにも利用されています。ここで言う「積極的な音作り」というのは、簡単に言うとある程度大幅にブーストやカットを行うということです。
例えば、バスドラムの音にパンチを出したい場合にはどうしても中高音域をブースとする必要があります。バスドラムの音にパンチを与える周波数は使用するバスドラムによって異なります。
このような場合は、パラメトリックイコライザーのGainをある程度ブーストした上で、Frqを移動させてみます。するとあるところでパンチ音が際立つ周波数があるはずです。このように、中心周波数を移動させながら欲しい音のピークを探し出すことが出来るのがパラメトリックイコライザーの良いところです。グラフィックイコライザーは中心周波数が固定のため、このような使い方には向いていません。
ただし、この方法もマイクで収音した音にパンチを与える成分が入っていることが前提となります。これは適切なマイキングで片付いてしまう話です。最優先ですべきことはマイキングで、その音をより強調したい場合にイコライザーを使うようにすると良いでしょう。


HOME >  PA機器の基礎知識 >  パラメトリックイコライザーの使い方

ページ上部へ戻る