HOME >  PA機器の基礎知識 >  音作りは無理にしない方が良い

音作りは無理にしない方が良い

PAは音作りをする仕事なのですが、音作りの方法を間違えると良い結果が出ません。

よく初心者でありがちなのが、イコライザーの使い方を覚えたての時に、やたらめったらイコライザーをいじろうとすることです。これは絶対にやめた方が良いです。なぜなら、ミキサーについているイコライザーはデフォルト(初期値)で特性がフラットになるように作られているからです。つまり、下手にイコライザーをいじってしまうとせっかくフラットになっていた特性が崩れてしまいます。これでは良い音をスピーカーから出すことはできません。
私が初心者の頃はイコライザーをいじっても上手くいかなかったら必ずデフォルトに戻すようにしていました。その方が上手くいっていた気がします。目的の無いイコライジングほど怖いものはありません。音作りをする際には「なぜこの処理をするのか?」というのを常に考えて目的を持った音作りをすることが重要です。

こうは言ったものの、音作りにおいて、イコライザーの使用は必須です。そして、イコライザーはいじってみないと使い方を習得することはできません。どんどんいじって、音にどのように変化が出るのかを確かめましょう。

今回ご紹介した設定をデフォルトに戻すという方法は、試行錯誤を繰り返す中で着地点が見えなくなった時に行う方法です。これは原点回帰と呼ばれていてPAに限らず世間一般的に使われている手法です。「初心に戻って行動する」というのも原点回帰の考え方です。自分のやっていることがよく分からなくなったら落ち着いて原点回帰しましょう。


HOME >  PA機器の基礎知識 >  音作りは無理にしない方が良い
  
  

最近のお知らせ

  1. PA情報局は2017年1月にサイト開設1周年を迎えます。 この1年間、たくさんの方々のお力添え…
  2. PA情報局は、日々、更なるサービスの品質向上を目指しております。その活動の一環として、ご利用者様の率…
  3. いつもPA情報局のコンテンツをご覧いただきありがとうございます。 この度、PA情報局ではY…
サウンドハウス
ページ上部へ戻る