HOME >  PA機器の基礎知識 >  基本的なPAシステム

基本的なPAシステム


PAシステムは、会場規模や目的により様々です。その中でも代表的なPAシステムをご紹介します。

ステレオシステム

ステレオシステムは、最も基本的なPAシステムです。シンプルなシステムなのでPA初心者でも簡単に組むことが出来ます。一般的な家庭用オーディオも基本的にはこのシステムになっています。
ミキシングコンソールとパワーアンプ、スピーカーを2台使用します。

ステレオ+モノラルサブウーファーシステム

ステレオシステムにサブウーファーをプラスしたシステムで、2.1chシステムとも言われます。良く家庭用のサラウンドシステムなどでは5.1chや2.1chというのを聞くことがあるかと思いますが、これは、5台または2台のフルレンジスピーカーと1台の低音用スピーカー(サブウーファー)を使ったシステムのことです。サブウーファーによる低音の強調効果で迫力のあるサウンドを構築できます。
ステレオシステムの時には必要なかったチャンネルディバイダーが必要なのと、パワーアアンプがもう一台必要になってきます。チャンネルディバーダーは、ミキシングコンソールから入ってきた信号を低音と中高音に分けてスピ―カーに出力するために使用されます。

ステレオ2WAYシステム

ロック系のライブでは、多くの場合がこの「ステレオ2WAYシステム」です。サブウーファーも2台使用するため、客席から見た時の見た目のバランスも左右対称になりキレイです。2.1chシステム同様にパワーアンプは2台必要になります。

ステレオ3WAYシステム

ステレオ2WAYシステムが低音と中高音で分けるのに対して、ステレオ3WAYシステムでは高音、中音、低音の3つの帯域に分けて出力します。そのため、パワーアンプも3台必要になってきます。このように帯域を分けてそれぞれのスピーカーから出力することで、得意な帯域の音だけをそれぞれのスピーカーに送ってあげることで、より濁りの無い音を出力することが出来ます。


HOME >  PA機器の基礎知識 >  基本的なPAシステム

ページ上部へ戻る