PA機器は「システム」になって初めて機能する


一般的な人が家で音楽を聴く場合には、ラジカセやコンポなどで音楽を聴くと思います。
その際には、「ラジカセ」という商品を買って来ればそれだけで音楽が聴けます。当たり前のことなのですが、これがPAの世界では基本的には通用しません。

PA機器は単体では機能しない

まずPA機器というのは、PAをする際に使用する機材全般のことを指します。具体的には、音の入り口であるマイクロフォンであったり、音をまとめるミキシングコンソール、音を出力するスピーカーなどのことです。
これらのPA機器は、実は単体では何の役にも立たないのです。ミキシングコンソールだけ持っていても、そこに音を入力するマイクロフォンやその信号を伝えるケーブルが無いと意味がありません。また、ミキシングコンソールでいくら音をきれいにまとめても、それを再生するスピーカーなどが無ければPAは出来ないのです。
このように、PA機器というのは、機器単体では何の機能も果たせないようなものなのです。

PAシステムを構築することがPAをするための第一歩

PA機器は単体では何の役にも立ちません。よって、これらのPA機器を集めて「PAシステム」を構築することが必要になってきます。PAシステムの構築には様々な知識が必要になってきます。これらの知識を知らないでPAシステムを構築したりすると、思わぬ事故を起こしたり、けがをしたりしてしまいます。
「良い音」を目指すのは当然なのですが、それよりも先に「安全」というものの方が重要です。しっかりとしたPAシステム構築に関する知識を学んだ上で、様々な方から「良い音だった」と言って頂けるようなPAシステムを構築してみましょう。

PA情報局では、その「知識」の部分を提供しておりますので、時間の許す限り、いろいろな記事に目を通していただけると良いかと思います。


関連記事


ページ上部へ戻る