PAの歴史


1923年から1938年にかけて行っていたナチスドイツの党大会が近代PAの起源だといわれています。6万人収容のグラウンドの地中に巨大出力のPAスピーカーが埋められ、重低音を効かせたワーグナーのレコードがプレイされたということです。

Bundesarchiv_Bild_183-1982-1130-502,_Nürnberg,_Reichsparteitag,_Lichtdom

6万人の聴衆に対して演説の声を届けるためにこのような大規模なPAシステムが組まれました。
日本でも1966年に日本武道館において行われたビートルズの来日公演では、日本が誇る大手PAカンパニーである東京音研(東京音響通信研究所)がPAを行っています。
4e40f2005bf08f23a0456a64a061ed1ac020fa50.48.2.9.2
この当時は今のような高出力のラインアレイスピーカーのようなものが無かったため、客席に届いている音は今とは比べ物にならないほどチープなものだったと思われます。ファンの歓声の方が大きかったという話も良く聞きます。
それから数十年の間にスピーカーの進化はもちろんのこと、ミキシングコンソールをはじめとした機器類も大きく変化してきています。また、近年ではデジタル化が大きく進み、機材の小型高出力化も実現されています。

BCEC_Digico_In_Action_650x400

IMG_0406

PAの歴史はまだまだ浅く、これからどんどん進化していくでしょう。PA情報局では、そのようなトレンドも含めてPAに関する情報を発信してまいります。

 


ページ上部へ戻る