HOME >  音の基礎知識 >  オクターブと周波数の関係

オクターブと周波数の関係

「ラ」の音は基本振動周波数(基音)と呼ばれています。そして、この音のは周波数でいうと440Hzなのです。楽器のチューニングにおいてはこの「ラ」の音がすべての基準になります。

wittner_921

これはご存知の方も多いとは思いますが、「音叉(おんさ)」です。この音叉を叩くと基音である「ラ」の音が出るのです。最近はバンドマンで音叉を使用してチューニングをしている方はほぼいません。チューナーという便利な機械を使用していますね。

次に「オクターブ」について説明していきます。良く歌を歌う時に「1オクターブ下を歌って」といったような会話をする思います。この「オクターブ」とは一体何なのでしょうか?
基音である「ラ」の1オクターブ上の音というのは、同じく「ラ」です。しかし、周波数としては880Hzなのです。更にもう1オクターブ上の音も同じく「ラ」なのですが、周波数は1760Hzなのです。逆に1オクターブ下というのは220Hzのことを言います。また、2オクターブ下の音は110Hzの音のことを言います。
このように、オクターブ上の音というのは、その音のオクターブ下の音に対して2倍の周波数を持った音であることが分かります。オクターブと周波数の関係をまとめると以下のようになります。
スクリーンショット 2016-04-05 21.57.36


HOME >  音の基礎知識 >  オクターブと周波数の関係
  
  

最近のお知らせ

  1. PA情報局は2017年1月にサイト開設1周年を迎えます。 この1年間、たくさんの方々のお力添え…
  2. PA情報局は、日々、更なるサービスの品質向上を目指しております。その活動の一環として、ご利用者様の率…
  3. いつもPA情報局のコンテンツをご覧いただきありがとうございます。 この度、PA情報局ではY…
サウンドハウス
ページ上部へ戻る