HOME >  オペレートの実践知識 >  中音に求められるもの

中音に求められるもの


中音、つまり、ミュージシャンや演者に向けられた音のことです。この音を出すためのスピーカーをモニタースピーカーと言います。

モニターが音を濁らせる?のページで解説していますが、極論を言ってしまうと、モニタースピーカーなんていうものは無い方が良いのです。これは、お客様に向けて出る音を最優先に考えた場合です。しかし、現実はそうはいきません。狭いリハーサルスタジオで演奏しているだけれであれば、他のパートの音ははっきり聞こえますが、ある程度広い会場になると他のパートの音(生音)が聞こえないと言うことが起こります。こうなってしまうと演奏に支障が出てくる訳です。そこで登場するのがモニタースピーカーなのです。

それでは、そのモニタースピーカーに求められるものとは何なのか?について考えていきたいと思います。モニタースピーカーの役割のところでも解説していますが、モニターに求めるものは人よって様々ですが、大きく分けると以下の3つです。

  • 外音と同じバランスで音が欲しい
  • 必要な音のみ聞ければ良い
  • モニター音は必要無い

対応するミュージシャンがどのタイプかによって、当然、中音に求められるものも変わってきます。これらのパターンをリハーサルの中で判断し、求める音を提供してあげましょう。

ただし、大前提として認識しておかなければならないことは、中音を出せば出すほど外音は濁るということです。これを踏まえた上で、瞬時に対応方法を考えていくことがPAオペレーターには求められます。


HOME >  オペレートの実践知識 >  中音に求められるもの

ページ上部へ戻る