リバーブ・ディレイの接続方法



リーバーブやディレイなどの外部機器をミキサーに繋ぐ際には何通りか方法があるのですが、ここでは一番おススメの方法を紹介していきます。

接続方法は以下の図を参考にしてください。

321

分かりやすいように、例をあげて操作方法をご説明します。

<チャンネル1に繋いでいるマイクに外部接続機器(ここではリーバーブとします)のエフェクトをかける>

  1. 通常通りにマイクの音が出るようにチャンネル1のゲインフェーダー調整をする
  2. ミキサーのAUX SENDノブ(下図)を半分くらいまで上げる
    (AUX out1に繋いだのであればAUX1のノブを回す)
    43142
  3. リバーブヘ繋いだAUX1のノブを半分くらいまで上げる
    5142
  4. リバーブのout端子から繋いだメインミキサーのチャンネル(上図でいうとチャンネル11/12)のゲインとフェーダーを0dbまで上げる
  5. 同チャンネルのゲインノブを声を出しながら上げていき、好みの感じ+αくらいのリバーブがかかるようにする
    (こうすることで後でフェーダーでリバーブのかかる量を調整する際にやりやすくなる)

以上が外部接続のリバーブやディレイをミキサーに接続する方法です。


関連記事



 

ページ上部へ戻る