HOME >  健康管理 >  タバコが体に与える影響

タバコが体に与える影響


タバコは人間の健康に対して、「害」でしかないものです。お酒の場合は、適量であれば血行を促進して血液をサラサラにするというような効果もありますが、タバコの場合はそのような効果はありません。また、タバコを吸うことによって自分自身だけでなく、身の回りの人にも影響を与えてしまうということを理解しなければなりません。

2014121110

それでは、まず、タバコを吸うことによって喫煙者自身が受ける健康障害について説明していきます。

  1. がん
    タバコの煙に含まれるタールには、10種類以上の発がん性物質が含まれています。肺がんをはじめ、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、胃がん、膀胱がん、女性では子宮頸がんなどにかかる危険性を高めます。
  2. 慢性肺疾患(肺気腫・気管支拡張症)
    タバコの煙に含まれるホルムアルデヒドやアクロレインなどの刺激性物質は、気道粘膜を刺激したり、繊毛を痛めつけます。その結果、慢性肺疾患にかかりやすくなります。
  3. 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
    タバコの煙に含まれるニコチンと一酸化炭素は心臓の冠状動脈の硬化を促進させ、虚血性心疾患にかかりやすくなります。
  4. 胃・十二指腸潰瘍
    タバコの煙に含まれるニコチンは、胃液の分泌を促進させる一方、胃や十二指腸の粘膜に栄養を供給する血管を収縮させ、粘膜の抵抗性を弱めます。その結果、胃・十二指腸潰瘍にかかりやすくなります。

次に、喫煙者の周りの方が間接的に吸ってしまう受動喫煙の害について説明していきます。
タバコの煙は、喫煙により直接吸い込まれる主流煙と、火のついた部分から立ちのぼる副流煙とに分けられます。そのうち有害物質は、副流煙の方に2〜4倍以上多く含まれていると言われています。つまり、喫煙者の周囲にいる人は、空気で多少薄まりはしますが、喫煙者と一緒にいるだけでタバコを吸っているのと同じことになってしまう訳です。これを「受動喫煙」といい、非喫煙者にもさまざまな健康障害がひき起こされることが、近年の研究から明らかになっています。
家庭では夫がタバコを吸っている場合、妻が吸わなくても、妻が肺がんで亡くなる危険が高くなることが、世界10ヵ所以上の研究結果から明らかになっています。また、親がタバコを吸う家庭では、子供が肺炎や気管支炎などにかかりやすいことがわかっています。
職場ではタバコの煙で汚染された職場に長年いると、自分が吸わなくても、呼吸機能が低下することが報告されています。

サラリーマンなどをしていると、タバコはコミュニケーションのツールで「タバコを吸いにいきましょう」というのを口実に会話する機会をつくると言うのが今でも根強く残っている会社もあります。しかし、本当にコミュニケーションを取りたいのであればタバコというツールを使わなくても他に方法があります。自分だけならまだしも、周りにも害を与えてしまうタバコは控えたいところです。
今の欲求を満たしたい気持ちは分かりますが、もっと先を見て良い人生になるようにしていくことが重要だと私は考えます。


HOME >  健康管理 >  タバコが体に与える影響
ページ上部へ戻る