お酒が体に与える影響



お酒(アルコール)を飲むことで引き起こされる体への影響を説明していきます。PAの仕事をしていると、ライブ終了後は「打ち上げ」があることが多いです。そこでお酒を飲むことになります。バンドの全国ツアーなどに一緒に回るようなPAスタッフの方はかなりの頻度でお酒を飲むという方も多いのではないでしょうか?
ビアサーバープラン
「酒は百薬の長」と言われていますが、当然飲みすぎると良い影響がある訳がありません。それではお酒が体に与える影響と言うのはどのようなものがあるのかを説明していきます。

  1.  肝臓の疾患
    体内に入ったアルコールの90%以上は肝臓で分解されるため、長年の飲酒により肝臓はさまざまな影響を受けます。まず、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝、次に肝炎になり、最後には肝硬変へと進行していきます。
  2. 消化管の疾患
    アルコールは、その通り道である消化管にもさまざまな影響を及ぼします。食道炎、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、さらに咽頭がん、食道がん、大腸がんなどになる危険も増加。そのほか、栄養吸収障害を引き起こします。
  3. 心血管系の疾患
    飲酒は血圧を上昇させ、高血圧を引き起こします。また、多量の飲酒を続けると、心臓の筋肉が障害を受け、心筋症になります。
  4. 脳の疾患
    多量の飲酒を続けると、血圧が上昇し、脳卒中にかかりやすくなります。また、アルコールは、脳に対して直接の障害を与え、アルコール性認知症や小脳変性症を引き起こします。そのほか、中枢神経の機能維持に必要なビタミンの吸収障害をきたし、ウエルニッケ脳症、コルサコフ症候群を引き起こします。
  5. その他の疾患
    アルコールはカロリーが多く含まれており、飲酒にともない食事量も増えやすいため、肥満や中性脂肪上昇の原因となるほか、痛風、糖尿病にかかりやすくなります。しかし、飲酒量が過量になると逆に、栄養吸収障害をきたし、脳の病気や貧血にかかりやすくなります。そのほか、女性特有の問題として、生理周期に異常をきたしたり、妊娠出産の異常が起こりやすくなります。

お酒によってこのような悪影響が体にもたらされてしまうのです。「お酒はみんなで楽し飲むためのもの」と思っているうちは良いのですが、お酒を「逃げ道」に使い始めると危険なのです。寝つきをよくするために寝酒をしたり、うさ晴らしのために飲酒をすることがあるかたも多いのではないでしょうか?定期的に大量飲酒を繰り返していると、逆に不眠の原因になったり、うつ、不安が強くなってきます。さらに大量飲酒を続けると、アルコール依存症へと進行し、飲まないと離脱症状が現れるようになってきます。そして、更に酷くなると家庭内暴力、離婚、失業、経済的困難などのほか、犯罪、事故を起こす危険性も高くなってしまいます。
201010180500
よく「お酒は適量を飲みましょう」ということを言われますが、本当にその通りです。お酒を飲むことも楽しいですが、他にも楽しいことはたくさんあります。お酒に逃げなくても現状を打開する方法はいくらでもあります。実はこのように考えることは非常に重要です。「みんなそうしているから私もそうします」ではなく、常に何がベストなのかを考えて行動することが大切です。このような幅広い視点をもつことは、PAオペレートをする上でも役に立はずです。


関連記事



 

ページ上部へ戻る