HOME >  経営者の思考 >  成功したイメージを描けていますか?

成功したイメージを描けていますか?


ライブハウスやPA会社を経営されている方の中で「成功させたくない」と思って経営をやられている方というのはいないかと思います。誰もが「成功したい」と思い経営というものに取り組んでいるはずです。

きっと、誰しもが「こんな店を作りたい」「こんな会社を作りたい」と意気込んで経営を始めると思います。しかし、いつの間にかその思いを忘れてしまう経営者の方は多いです。実際に私が今までお会いしてきたライブハウスやPA会社の経営者様の中でも、熱い思いを忘れてしまっている方が多いです。日々の経営活動がただの作業になってしまっているのです。

そんな時に忘れてはならないのが、経営を始める時に描いた「こんな店を作りたい」「こんな会社を作りたい」という思いです。むしろ忘れるどころか、思いを強くしていかなければならないのです。そして、そのイメージをより具体的にしていかなければなりません。

例えば、創業当時は「良い音のライブハウスを作りたい」という想いを持っていたとしたら、経営の経験を積むに連れてより具体化していかなければなりません。「d&bのライアレイをメインスピーカーに使い、ミキサーはMIDASのPRO2を導入して、腕の良いPAオペレーターAさんを雇おう」というようにしていくのです。これが、イメージを具体化するということです。具体化されないものは実現できません。自分が目指すべきことをより具体的にイメージすることがとても重要です。

このようにして、自分が経営するライブハウスやPAの「成功像」をイメージしてみましょう。より具体的にイメージできればできるほど、それを実現できる可能性は上がります。目指すべきものをしっかりとイメージして成功を作り上げていくことが大切です。


HOME >  経営者の思考 >  成功したイメージを描けていますか?
ページ上部へ戻る