HOME >  経営者の思考 >  「儲けることは悪」は日本人の悪い癖

「儲けることは悪」は日本人の悪い癖


「儲ける」ということに対して、「悪いこと」と捉える人が日本人にはかなり多いと感じます。

よく「ライブハウス経営について」といった議論がネット上で盛り上がっていたりします。これは、「ライブハウスのノルマ制」について議論したものです。この異論の中では、「ライブハウスはミュージシャンから金を吸い上げるのか!」といった意見も出てくるのですが、これは少しレベルが低い話のような気がします。そもそも、ライブハウスは「演奏する場所」を提供している訳です。ライブハウスを運営するためには、賃料、電気代、機材メンテナンス費etc・・・といったように結構な運営費がかかるわけです。そのようにして運営されているライブハウスををタダで使えるとい都合の良い話は無いのです。表現こそ「ノルマ」となっていますが、これは会場使用料と思った方が良いです。逆に言うと、お客さんさえ集めることが出来れば、会場使用料を自分たちで持つ必要はないという特典が付いていると考えるべきです。このように、ライブハウスがミュージシャンからお金を取る。つまりライブハウスが儲けることに対して異常な反応を示すわけです。

それでは、ライブハウスが儲けることが出来なくなるとどのようなことが起こるのでしょうか?まず、機材が壊れても修理する資金が無く、演奏環境は次第に悪化します。するとお客さんが減ります。そして最後に店は閉店へと追い込まれ、ミュージシャンは演奏する場所を失うわけです。これは、お互いにとって何一つ良いことはありません。もし、ライブハウスがしっかりと儲けられれば、機材を良いものに変えることができます。店の改装だってすることも出来ますね。すると、お客さんが集まり、演奏するミュージシャンも楽しく演奏できるわけです。このように、儲けを出すということは良いスパイラルを生む根源なのです。それなのに、なぜ日本人は儲けることを「悪」と思ってしまうのでしょうか?それは、テレビなどので放送される金持ち像によってそうなってしまっているからではないでしょうか?高級マンションに住み、高級外車を乗り回し、何でも金で解決するような金持ち像を擦り込まれてしまっていることが原因だと思います。実際に、このような人もいますが、そのような人というのは、本当に圧倒的な金持ちの経営者か、見栄を張っている偽金持ち経営者かどちらかです。
しかし、多くの経営者は、儲けた分を更に良いサービスや更に良いものを作るために「投資」するのです。この投資が出来ているライブハウスというのは、ミュージシャンにとって心強い存在なのです。ライブハウスやPA会社の経営者の方は、更に良い音サービスをするために、積極的に「投資」を行なってもらいたい、良い演奏環境を作っていただければと思います。それが音楽業界の活性化にもつながると思いますので。


HOME >  経営者の思考 >  「儲けることは悪」は日本人の悪い癖

ページ上部へ戻る