HOME >  経営者の思考 >  マインドセットは結果を出すための判断材料

マインドセットは結果を出すための判断材料


仕事を進めていく上では常に問題が出現し、私たちを悩ませるものです。そんな問題に直面したときに皆さんはどのような対応を取るでしょうか?

マインドセットは物事の判断基準

問題に直面した時には、人は何かしらの対策をするはずです。そして、その対策を実施することによって「結果」が出るのです。問題に対する対策を考える際には、必ず基準となる考え方が必要です。これが無いと判断がブレて良い結果は出ないのです。例えば、「企業理念」というのは、企業における判断基準なのです。企業が判断を下す時に「企業理念」に沿った判断でないと、その企業の姿勢がブレる事になります。これでは、良い結果は到底のぞめません。PA情報局では、「PAに関わる全ての人へ、有益な情報とサービスを」という運営理念を掲げております。この理念に基づいてコンテンツの製作、企画の実施を行なっております。このような判断基準が無いと何とも中身の無いサイトになってしまうのです。このような判断基準は、企業や組織だけでなく、個人にも適用できます。私は「関わる人が全てWin-WInの関係になれるように最大限に努力する」という理念を念頭に置いて活動しています。この考え方があれば、何かの問題に対しての対策を考える際に迷うことが無くなるのです。

最高の結果を出すためのマインドセット

個人でも企業でもビジネスは常に判断の連続です。その判断によって結果が大きく変わってくるということは言うまでもありません。最高の結果を出すためには、最高のマインドセットが必要です。「最高のマインドセット」というのは、関わる全ての人が共通認識として理解でき、納得・共感できる考え方のことを言います。私自身の理念である「関わる人が全てWin-WInの関係になれるように最大限に努力する」という考え方は、私の中に強く根付いているものです。このように、自分自身がしっかりと理解し、納得している考えこそが最高のマインドセットです。これに基づいて行動することによってブレない姿勢で判断が出来ます。そのような姿を見た周りの方はきっと信頼を寄せるようにもなるでしょう。信頼を得られると協力者が増えてきたりします。協力者が増えるとやれる事の幅が広がります。このようなことがどんどん積み重なり最高の結果が得られます。

マインドセットはただの「考え方」なのですが、その考え方ひとつで結果が大きく変わってくるのが人間の面白いところです。


HOME >  経営者の思考 >  マインドセットは結果を出すための判断材料
ページ上部へ戻る