HOME >  経営の知識 >  経営者のあるべき姿

経営者のあるべき姿


会社を経営する経営者という立場になると、今まで雇われていた時に持っていた感覚は捨てなければならない場面がたくさん起こります。
雇われていた時と大きく異なるのは、自分が雇う側になるということです。個人経営者も中にはいるかもしれませんが、多くの場合は、人を雇います。そして、その方たちに一生懸命働いてもらわなければ、会社としての成果は出ないのです。
このページでは、経営者という立場になった時に描くべき「あるべき姿」について迫っていきたいと思います。

経営者は自分で動いてはダメ

経営者は、人を雇って事業を展開していきます。その際に、従業員にしっかりと働いてもらわなければ成果は上がってきません。つまり、今までは自分が行っていた仕事を従業員に任せるということをしなくてはならないのです。
この時に、自分が実務者としてバリバリと働いて結果を残していた人ほど、他人に仕事を任せることが出来ないというのが良くあることです。
PAという業界では、これが良く起こっているのではないでしょうか?社長がずっとメインオペレーターを務め続けているPA会社も多いはずです。そして、従業員はずっとアシスタント止まり。。。確かに、下積みは重要ですが、過剰な下積みをさせられているケースも多々あると思います。PAオペレーターとして一人前になるためには、アシスタントをずっとやっていてもだめなのです。経営者であるあなたが、積極的に大きな仕事をするチャンスを作っていかなければならないのです。
「自分がやった方が良いオペレートができる」という気持ちは分かりますが、それを理由に従業員に仕事を任せないと、会社としての成長が止まってしまうのです。
経営者は、会社を成長させて、良いもの、良いサービスをお客様に提供することが任務です。それを実現すためには、いつまでも自分で動いていてはダメなのです。自分が選んで雇った従業員の可能性を信じて、思い切って仕事を任せることが重要です。そのような気持ちで仕事を任せれば、任された方も自然とやりがいを感じて、結果的に良い仕事をするようになるのです。

うまい仕組みを作るのが経営者の仕事

経営者がすべき仕事の中でも重要なのがこの「仕組み作り」です。経営者は自分で動いてはダメだという話をしましたが、だからと言って何もしなくて良いわけではありません。

では何をすべきなのでしょうか?

それが「うまい仕組みを作ること」です。具体的に言うと、従業員の皆さんが生き生きと働き、最大限の力を発揮できる環境を作るということです。
PAで言えば、新人のエンジニアが希望を持って働ける環境を作ることです。毎日怒鳴ってばかりでは、萎縮してしまってその人が持っているポテンシャルを十分に発揮できないのです。まずは、そのことに気づかなければなりません。
会社で一番重要なのは、建物でも設備でもありません。「人」です。人の力を最大限発揮させるような環境が作れれば、会社の業績はどんどんアップします。そうなれば、建物や設備というのは、いくらでも後からついてきます。

 

このように、経営をすためには、従業員として働く感覚は捨て、思考をスイッチしていかなければならないのです。


HOME >  経営の知識 >  経営者のあるべき姿

ページ上部へ戻る