ギターの各部位の名称


ギターには様々な部品が取り付けられています。
ギターを演奏する上では、これらのパーツの名前は最低限の覚えておく必要があります。
それでは、実際のギター(ストラトキャスター)の図を使って各部位の名前をご説明していきます。

  1. ヘッド
    ギターの一番上についている部分をヘッドと呼びます。ヘッドには、弦を巻き上げるためのペグがついており、この取付形状によってヘッドの形が変わってきます。ギターの中には、ヘッドレスというヘッドが無いタイプのギターも存在します。
  2. ペグ
    弦を巻き上げる部分です。このペグを回すことで弦の張り具合を調整し、チューニングを行います。
  3. ナット
    指板とヘッドの間にあるパーツで、弦を支える支柱の役割を果たします。開放弦の音はここが支点となります。
  4. ネック
    弦が張られる棹の部分をネックと呼びます。ネックは、ギターのモデルによって太さや形状、材質、塗装の仕上げなどが異なります。これが弾き心地に影響しています。
  5. 指板(フィンガーボード)
    ネックの表面部分で、主にメイプル(白)やローズ(茶)の木材が使用されます。形状(指板のR)、材質、塗装の仕上げ、見た目、手触り、そして音によって好みが分かれます。
  6. フレット
    音程を決めるために指板に打ち付けられた金属で、1フレットごとに半音階ずつ変化します。様々な太さや、高さがあります。
  7. ボディー
    ギターの胴体部分で使用される木材によって音のトーンが変わります。メイプルトップ/マホガニーバックなど、レスポールに代表されるように、2種類以上の材を組み合わせたものもあります。
  8. ピックガード
    ピッキングによってボディにキズがつかないようにするためのものですが、ルックス的にもかなり重要なポイントと言えます。ストラトキャスターのようにピックアップやコントロール類がピックガードに取り付けられているタイプもあります。
  9. ピックアップ
    ピックアップは、弾いた弦の振動を、コイルと磁石によって、電磁的な信号へ変換するマイクの役割を果たすものです。大きく分類して、ストラトキャスターやテレキャスターに見られるシングルコイルと、ギブソンのギターに見られるハムバッカーに分かれています。
  10. ブリッジ
    ボディにとりつけられており、弦を固定する部分で、弦の振動をボディに伝えます。
    弦高の調整を行う部分でもあり、トレモロブリッジが搭載されているモデルでは、トレモロアームを動かすことで、ビブラート効果やアーミングを行うことができます。
  11. ピックアップセレクター
    ピックアップの切り替えを行います。ブリッジ側ではソリッドで硬めのサウンド、ネック側ではマイルドなトーンになります。演奏する曲やフレーズによってこのセレクターを切り替えて使います。
  12. ボリューム
    音量を調整します。音量を調節する用途のほか、歪みを調節したり、ボリューム奏法(ピッキングの瞬間にボリュームを絞りアタックを消してバイオリンのような音を出す)などにも使用されます。
  13. トーン
    音色を変化させます。通常は10(フル)の状態で使いますが、絞ると音がこもり、マイルドなトーンになります。
  14. ジャック
    ピックアップで拾った信号を出力するためのジャックです。ここからギターアンプへシールドケーブルで接続します。
  15. ストラップピン
    ストラップを取り付けるためのピンです。ストラップが外れないようにするロックピンといったものも別売りで市販されています。



ページ上部へ戻る