HOME >  現場で役立つ知識 >  PA現場で役立つツール

PA現場で役立つツール


PA現場では様々なことが起こります。その際にそれに対処するツールを持っていると仕事がスムーズに進みます。それでは、順不同でツールを列挙していきたいと思います。

テスター

テスターは、電源の電圧を測定したり、機材の抵抗値を測定したりする際に使用します。テスターはにもアナログとデジタルが存在します。以下の写真はアナログテスターです。

こちらがデジタルテスターです。 PA現場で使用されるテスターはほぼ、このデジタルテスターと言っても過言ではないでしょう。

デジタルテスターの中にも以下のようなカードタイプもあります。PA現場では、このようなポケットに入るようなテスターが本当に重宝します。

ドライバー

工事の職人さんのように酷使はしないため、安価なドライバーで十分だと思います。

ドライバーにはプラスとマイナスがありますが、2本ずつ持っておくと良いです。予備用という考え方もありますが、マイクホルダーのネジを締める際には、両側からマイナスドライバーで締め付ける際に便利です。

油性マジック

油性マジックは、進行表にメモ書きを書いたり、マイクのナンバリングの際に数字を書いたりと結構、活躍の場はあります。
マジックは様々な色を持っておくに越した事はありませんが、最低限、黒だけ持っていれば問題ないでしょう。書けなくなった時のために数本持っておくと便利です。

ビニールテープ

ビニールテープは、マイクのナンバリングの際に巻いて、その上から数字を書き込む際に使用したりします。その他、ステージ上のバミリ(立ち位置や機材の位置を表す目印)をつけるためにも使われます。カラーは数種類持っておくと識別ができて便利です。(ワイヤレスマイクを複数使用する際など)

ガムテープ

ガムテープは、PAの現場では欠かせないツールの1つですね。ケーブルの養生、マイクのホルダーへの固定、進行表の貼り付け、ドラムのミュートなど様々な用途に使えます。基本的には黒のものを使うのがベターでしょう。

マスキングテープ

私が好きなのがこのマスキングテープです。粘着力は弱いのですが、手で簡単にカットできるため、素早く扱えます。ミキサーのチャンネル割り当て(1ch→Kick 2ch→Snareといったようなもの)を記載するために使用したりします。基本的には、ビニールテープと同じような使い方ができます。

ペン型ライト

当たり前ですが、現場において暗いところを照らすためにはこのようなペン型のライトが非常に役に立ちます。軽量で省電力なLEDのものがオススメです。使用する電池はワイヤレスマイクで使用した残りの電池で十分に使用することが可能だと思いますので、エコな運用が可能になります。

ドラムのチューニングキー

基本的にはドラマーが持っていると思うのですが、万が一なかった時のために持っておくと便利です。

 

以上がPAの現場で持っておくと良いツールです。この他にも便利グッズはあると思いますので、自分でどんどん見つけて、より良い仕事ができるよにしましょう。


HOME >  現場で役立つ知識 >  PA現場で役立つツール

ページ上部へ戻る