カテゴリー:■現場で役立つ知識

  • 【現場での失敗談】スネアスタンドの高さが固定できない!!

    こちらの記事では、PA情報局のユーザーの方が実際に経験した現場での失敗談をご紹介していきたいと思います。 皆様の今後の活動にぜひお役立てください。 現場での失敗内容 ライブイベントのリハーサル時に、ドラムセットのハ…
  • 予備品は超重要!!

    こんにちは。 PA情報局の管理人です。 記事を更新するのが久しぶりになりますね! 今回からスタートした「管理人ブログ」。 管理人が思ったことを好き勝手に記事にしていくコーナーにしたいと思いますで、よろしければ…
  • 変換コネクターは現場で大活躍

    PAシステムは、PA機材をケーブルでつなぐことで成り立っています。そして、そのケーブルの先端には、「コネクター」が付いています。マイクであれば、XLR端子というものが付いているのが一般的です。(下図参照) …
  • 音量規制が厳しい場所でのバランス調整方法

    PAが活躍する場所では「音量規制」が厳しい場合が多いです。むしろ、音量規制が無い場合の方が少ないかもしれません。そのような会場ではどのようにオペレートすれば良いのでしょうか? 私自身もこのような会場でオペレートすること…
  • マイクがビリビリする場合の対処法

    ライブをする際にボーカリストの方から「マイクがビリビリするんですけど・・・」と言われたことがある方は多いのではないでしょうか?この現象は、楽器とPAシステムのアースの電位が異なることが原因です。電気は、電位が高い所から低…
  • PA現場でのクレーム対処の方法

    PAというのは、「良い音をお客様に届ける」というのと同時に、通常の生活音以上のレベルの音を出すという「非日常」のことをする事でもあります。それ故に、音に対する苦情を受ける場合が多いかと思います。そのようなクレームが入った…
  • ケーブルの養生方法

    PA現場においては、多数のケーブルを使用します。 そして、そのケーブルは、お客さんが通るエリアや出演者が通るエリアにかかることもあります。 そのような場合に重要なのは、「養生(ようじょう)」です。一般的に養生というの…
  • グラフィックイコライザーの例外的使用方法

    グラフィックイコライザー(以下グライコ)は、通常、スピーカーのチューニング(音の均一化)のために使用されますが、状況によっては別の使い方をする場合もあります。 それは、グライコをチャンネルディバイダーとして使用する…
  • リハーサルのデータを音作りに活用する

    大規模な会場で行われるプロのライブは、事前に「ゲネプロ」という本番同様の条件(場所、スタッフ、機材等)で流れを確認をするということを行います。これは、本番の会場で行う場合と、リハーサルスタジオで行う場合があります。PAの…
  • PAで音が出ないときのチェックポイント

    PAを始めて間もない方は、きっと「音が出ない」という問題に直面したことがあるのではないでしょうか?そんな時にどんなことをチェックすれば良いかというのをまとめましたのでご参考にしていただければと思います。 PAシステムに…

PAビギナー向けメール講座

定番・おすすめPA機材

関連記事




ページ上部へ戻る