HOME >  独立するためには? >  「目的」と「目標」の違い

「目的」と「目標」の違い


あなたが独立するための目的は何ですか?

あなたが独立するための目標は何ですか?

この問いに明確に答えられるかどうかは、あなたが独立して成功するためには非常に重要な意味を持ちます。ここで「目的」と「目標」という似たような言葉が出てきましたが、あなたにはこれらの言葉の意味の違いが分かるでしょうか?

「目的」と「目標」の違い

「目的」と「目標」の違いは、図で表すと以下のようになります。

目的というのは、あなたが独立して目指すべき最終地点(ゴール)です。ビジョンとも言うことができます。
一方、目標というのは、あなたが「目的」を達成するために設定するステップのようなものです。
「目的」というものは往々にして抽象的になります。逆にいうと抽象的でなければならなりません。具体的に言えるようなものは「目的」にしてはならないのです。私の場合であれば、目的は「音で世の中を笑顔にする」ということです。どうですか?究極に抽象的であることがわかります。
一方、「目標」というのは、目的を達成するために必要なステップのことを指します。つまり、あなたが行動する内容そのものです。従って、必然的に目標は具体的なものになります。そして、その目標を達成していくために必要なのが「計画」です。この計画をあなたが実行していくことで、目標を達成し最終的には目的を達成することができるのです。
あなたが独立するための「目的」を達成するためには、目的を設定してしただけではダメで、それを達成するためのステップである目標を設定し、計画を設定し、着実にそれを実行していくことが求められます。

「目標」はノルマではない

「目標」というと、「今月の成約ノルマは10件です」のようなノルマのことでなのでは?と考える方がいるかもしれませんが、ここでいう「目標」というのは、そのようなノルマとは根本的に異なるものです。
簡単に言ってしまえば、

  • ノルマ = やらなければならない事(have to)
  • 目標  = 目的達成のためにやりたい事(want to)

の違いがあります。ノルマというのは、have to、つまり、「やらなければならない」というネガティブな感情が原動力になって行動する事です。一方、目標というのは、目的を達成するためにどうしても達成したい(want to)というポジティブな感情が原動力となって行動することを指します。
どちらの方が良い仕事ができそうかは明白ですね。あなたが独立して、目的を達成するためには、「want to」のモードで行動していくことが求められます。

まとめ

あなたが独立してあなたビジョンである「目的」を達成するためには、「目標」というステップを設定し、「want to」の感情を持って行動することが求められます。こうすることで、あなたの仕事(ビジネス)はより良いものになっていくでしょう。


HOME >  独立するためには? >  「目的」と「目標」の違い


関連記事

ページ上部へ戻る