電気に関わる単位



このページでは、電気に関わる基本的な単位の解説をしていきます。PAをする上でも必須の知識になりますので確実に習得してください。

ボルト(V)・・・電圧

ボルタ電池を発明したイタリアの物理学者であるボルタ(Alessandro Volta)の名前がこの単位の由来です。ボルトは、電圧の単位です。日本のコンセントに来ている電気の電圧は100Vであり、一般的な乾電池になると1.5V程の電圧になります。PAでは、しばしばこの単位は使用しますので絶対に知っておいてください。

アンペア(A)・・・電流

電磁気学の基礎法則を発見したフランスの物理学車アンペール(Andre-Marie Ampere)の名前がこの単位の由来です。アンペアは電流の単位です。電気のブレーカーの容量はこのアンペアで表示されていると思います。つまり、電圧が100Vで一定に日本においては、電流の大きさ=電源の容量となります。

ワット(W)・・・電力

改良を行ったワット(James Watt)の名前がこの単位の由来です。ワットは電力を表す単位です。

 


関連記事



 

ページ上部へ戻る