HOME >  ベース初心者向け情報 >  ベースアンプの選び方

ベースアンプの選び方


エレキベースで音を出す際には、エレキギター同様に「アンプ」が必要になります。アンプというのは、ベースから送られてきた弦の振動を電気信号に変換したものを増幅させてスピーカーから音を出すという機材のことですが、その種類や性能は様々です。ここでは、ベースアンプの基本的な部分を知っていただければ良いと思っております。

ベースアンプのタイプ

ベースを演奏するために必要なもののページでも書きましたが、ベースアンプの構造は大きく分けると「コンボアンプ」と「スタックアンプ」に分かれます。コンボアンプというのは、ベースの音色を調整するプリアンプ部、信号を増幅させるパワーアンプ部、音を出力するスピーカーが一体になったものです。一体化しているので、運搬性も良いです。出力については小さめのものが多いです。

スタックアンプというのは、「プリアンプ部とパワーアンプ部」「スピーカー」が別々になっているタイプのアンプです。比較的大出力のモデルが多いです。ライブハウスなどには以下のようなベースアンプが置いてあることが多いですね。

ベースアンプの増幅方式

ベースアンプは、ベースから入ってきた電気信号を増幅させるのですが、その増幅のさせ方にも種類があり、「チューブタイプ」「トランジスタタイプ」の2種類が存在します。
チューブタイプの「チューブ」というのは、真空管のことです。つまり、チューブアンプというのは、電気信号が真空管により増幅されるアンプのことを言います。
プリアンプとパワーアンプともに真空管を用いたものをフルチューブアンプ、プリアンプのみに真空管を用いたものをプリチューブアンプと呼びます。ギターのチューブアンプ同様に太く暖かい音色が特徴です。しかし、真空管はデリケートな扱いが必要で、寿命があるため交換が必要になってきます。

トランジスタタイプは、ソリッドステートタイプとも呼ばれていて、トランジスタを用いた増幅回路によって電気信号を増幅させます。サウンドについては、真空管に比べて「硬い音」が出ます。トランジスタには基本的には寿命がなく、真空管に比べるとメンテナンス等の手間は少なくなります。

ベースアンプの出力の目安

ベースアンプの出力性能は、ギターアンプ同様にワット(W)で表されます。しかし、一般的には、ベースアンプでギターアンプ同等の音量を確保するためには、ギターアンプよりもワット数が大きいモデルを選ぶ必要があります。これは、低音を再生するためには、より大きなエネルギーが必要なためです。
ベースアンプの出力の目安は以下のような感じになります。

  • 家庭での練習用:10W程度から30W程度
  • 小規模ライブ:80W~
  • 大規模ライブ:300W~

初心者の方であれば、まずは自宅で使用するケースがほとんどだと思いますので、まずは小型のベースアンプを購入してみると良いでしょう。


HOME >  ベース初心者向け情報 >  ベースアンプの選び方
ページ上部へ戻る